美容・健康

日本初完全メイドインジャパン!業務用ハイフォーカス試作成功へ

株式会社Dr.Visea
これまで外国製が当たり前だった業務用美容機器、ジャパンクオリティへ。

・ 株式会社Dr.Visea 公式サイト>> https://visea.jp/ ・フォーカスネオ 特設サイト >> https://focusneo.net/


[トピックス]
・日本初、完全メイドインジャパンのハイフォーカス
・宮城県仙台市Panasonic工場内で組み立て・検品・出荷を行う
・より高品質で安全・安心な美容機器メーカーへ


株式会社Dr.Visea(カブシキガイシャドクタービセア)は、主力商品であるハイフォーカス(フォーカスネオ)の完全メイドインジャパン第一号の開発を成功したことを発表した。完全メイドインジャパンの開発成功は、美容機器メーカとしては日本初となる。


フォーカスネオ



メイドインジャパンのハイフォーカス開発の経緯

日本で販売されている美容機器は、一般的に外国製が中心で故障が多く、「外国製=品質が悪い」という印象もあるのが現状だ。
そこでDr.Viseaは、「結果の見える健康・美容サービスを身近にし、世界を豊かにしていく」という会社理念を元にその状況を打開すべく、安心・安全・高品質が保証される日本製の美容マシンの開発に乗り出した。
いかにマシン販売価格を抑えながら高品質で故障が少ない美容機器を製造できるのか、有識者と話し合いを続けるの中で、宮城県仙台市にあるパナソニック社の工場を借りそこで開発・検品・出荷を行うことが決定した。


宮城県仙台市のパナソニック工場



日本製ハイフォーカス開発について

2020年に日本製ハイフォーカスの開発が開始された。

まず始めに日本人技術者は、外国製ハイフォーカスの中身と品質を確認した。
マシンを開けてみると「動けば問題ない」と言わんばかりの雑な配置や部品が並んでいた。そこで、部品を日本で一から作成することが決定した。日本で作成することで、以前より安定する部品となり故障も減らすこともできる。
写真を見れば一目瞭然だが、海外で製造・組み立てを行なったマシンの基盤と日本で製造・組み立てを行なった基盤では美しさが異なる。消費者からは見えない箇所に日本の技術力の高さがわかる。
海外で製造・組み立てをした基盤
日本製造・組み立てをした基盤

次は、ハイフォーカスの出力問題だ。日本で一から部品を作るため、これまでの製品と同じ周波数に合わせる必要があり日本人技術者を悩ませた問題の一つであった。
約2年の開発時間をかけ、日本国内でハイフォーカスを製造できる環境が整った。
現在も改良に向けて開発を行なっているが、マシンのハンドピースなど消耗品はすでに仙台から発送されている。


周波数を確認する様子



今後について

今後は、体制が整っている海外の工場に日本の技術者が作成した設計図を渡し、ジャパンクオリティの部品を作成する。そして、完成した部品を再度宮城県の工場で検品・組み立てを行いマシンを完成させる予定だ。
そうすることで、現在の低価格を維持しながら高品質でより安心・安全なハイフォーカスを提供を可能にした。
完全メイドインジャパンのハイフォーカスの販売は未定だが、体制が整い次第販売を開始する。

「結果の見える健康・美容サービスを身近にし、世界を豊かにしていく」Dr.Viseaを今後も注目してほしい。



株式会社Dr.Viseaとは




Dr.ViseaとはDr (医療・信頼) Vinus (愛と美の女神)
「健康・美容サービスを身近にし、世界を豊かにしていく」というビジョンに向けて日々挑戦し続ける業務用美容マシンの販売を行っている会社である。
医師や大学教授と連携し、アフターフォローの強化や脱毛知識の講座などを開催している。
セミナーの日程やお申し込みは公式サイトへ。
https://visea.jp/seminar/

HIFUを応用した業務用ハイフォーカス「フォーカスネオ」の導入店は1,000店舗を超え、有名人やインフルエンサーにも好評だ。
「フォーカスネオ」の特徴は、従来のHIFUを応用した蓄熱式で安全性も高くエステでも導入可能で痛みも少ない点である。

【会社概要】
会社名:株式会社Dr.Visea
所在地:東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル2階
代表者:渡邊鷹海
設立:2017年12月
URL:https://visea.jp/
事業内容:エステサロン向け美容マシン販売・直営サロンの経営


【お問い合わせ先】
TEL:0120-829-874 (平日10時~17時)
e-mail:sales@visea.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)