企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

薬局体験アシスタントMusubiで添付文書の改訂情報を確認可能に

株式会社カケハシ
イエローレター・ブルーレター・医薬品安全対策情報(DSU)の確認を効率化

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下、当社)は、薬局体験アシスタント「Musubi」(以下、Musubi)に「添付文書改訂情報の確認」の新機能を追加し、提供開始することをお知らせします。処方監査や服薬指導の際、イエローレター・ブルーレター・医薬品安全対策情報(DSU)の更新有無および内容をすばやく確認し、重大な副作用に関する指導記録を抜け漏れなく記載することが可能となります。



背景

薬剤に紐づく添付文書には定期的な情報更新が発生しており、処方監査や服薬指導に際しては常に最新情報の確認が必要不可欠です。これまでMusubi上でも添付文書を表示する機能を提供していましたが、今回より緊急度かつ重要度の高い改訂情報も含めてMusubi上で表示することで、処方監査や服薬指導のさらなる効率化を支援していく考えです。


概要

添付文書改訂情報の確認機能には3つの特徴があります。

特徴1. 処方監査時、添付文書改訂情報がある場合に【改】ボタンが表示され見やすくなります


特徴2. 服薬指導時、添付文書改訂された「重大な副作用」を優先的に確認できるようになります




特徴3. 添付文書改訂情報を指導する必要性が薬歴に自動転記されることで記載漏れを防ぎます




Musubiについて

これからの薬局に求められる「患者満足」。それは患者さん一人ひとりに向き合う薬局スタッフの「働き方改革」なくして実現するものではありません。そして働き方改革は、適切な「店舗の状況把握」があってこそ。Musubiはその全てをサポートし、薬局・薬剤師と患者さん“双方”の薬局体験を向上させる、従来の電子薬歴とは明確に異なる新時代のサービスです。


薬剤師は、患者さんと一緒にMusubiのタッチ機能付き端末画面を見ながら服薬指導を行い、その内容が自動で薬歴のドラフトとして残ります。Musubiを利用することで、患者さんとのコミュニケーションと薬歴記入を同時に行うことができます。それにより、今まで服薬指導とは別に毎日数時間かかっていた薬歴記入に関わる薬剤師の業務負担を、大幅に削減することが可能となります。
さらに、Musubiが患者さんの健康状態や生活習慣にあわせた服薬指導や健康アドバイスを提示することで、 新しい薬局体験を患者さんに提供することができます。2017年8月にリリースして以来、順次導入店舗を拡大しています。

サービス紹介 https://musubi.kakehashi.life/
メルマガ登録 https://musubi.kakehashi.life/musubinews


当社について

「日本の医療体験を、しなやかに」をミッションに、医療現場の課題を深く理解し、最新の技術をもって今までにない医療システムを提供することで、社内外の医療従事者と一緒により良い日本の医療の未来を形作っていくことを目指します。

<会社概要>
会社名 株式会社カケハシ
設 立 2016年3月30日
所在地 東京都中央区築地4丁目1-17 銀座大野ビル9F
U R L  https://www.kakehashi.life/

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社カケハシ 広報
メール: pr@kakehashi.life
電 話: 03-5357-7853
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)