医療・医薬・福祉

〈処方箋なしで病院の薬が買える〉オオギ薬局の《蒲田店》が新規オープン。絶賛営業中。

株式会社FAN OUT
神田本店を本部とし、フランチャイズ形式にて4号店(恵比寿店・新宿店に次ぐ。)

「処方箋なしで病院の薬が買える」というキャッチコピーで、医療用の医薬品の一部を「処方箋なし」で直接販売する『零売』というサービスに取り組むオオギ薬局が、JR蒲田駅東口から徒歩1分の立地に2022年3月新規オープン、絶賛営業中です。



神田本店を本部(運営:株式会社FAN OUT/代表:扇柳 創輔)とし、フランチャイズ(以下FC)として恵比寿店・新宿店に続いてのオープンの4店舗目。各店舗共通の会員制となり、全店舗で相互に利可能です。


【薬局URL】https://ogiyakkyoku.com



                                              蒲田店


処方箋なしでの医療用医薬品販売(零売)について


病院の薬=医療用医薬品のおよそ半数は、一定の条件を満たせば、薬局での直接販売が可能です。(業界用語ですがその販売形態を零売、また、それを主な事業として運営する薬局は零売薬局と言われたりします。)


※ただし、ご留意頂きたい事項として
・医療保険の適応にならず自費になる
・通販不可、薬剤師での対面での販売
・個人使用として必要分に限る
・必要に応じて医療機関受診を勧める、などの条件があります。



〈処方箋なしで病院の薬が買える〉オオギ薬局



2015年に東京都内で初の、零売を主な事業とする薬局として創業。
・忙しくなかなか病院に行く時間がない
・特定の薬で調子がいいのに入手できない
その他さまざまな事情で、必要な医薬品が入手できないという方の選択肢のひとつとしてこの販売形態を提案しています。

2020年には恵比寿店、2021年には新宿店をオープン。2022年内には蒲田店以降の出店も計画中です。

新型コロナウイルスの影響など、昨今の様々な環境の変化の中で、新しい医療の選択肢のひとつとしてこの零売事業を必要とする多くの方の力になれるよう、まだ認知度も低いこの形態の適切な運用、啓蒙、店舗展開の方向性を探しています。


フランチャイズ(FC)での展開


まだまだ黎明期とも言えるこの業態で、必要としてくれる方ひとりひとりに対して、責任もった対応をしてかかりつけの薬局、薬剤師になってもらいたいという思いから、店長となる薬剤師にオーナーとなってもらうようなFCでの展開を行っております。
神田本店にて数ヶ月の研修期間を経て、一定の水準に達した薬剤師のみを加盟店店長とする、暖簾分けに近い形にしておりますので、支店でも安心してご利用・ご相談頂けます。

一般の薬局、薬剤師からでも、まだあまり知られていない零売についてのノウハウ・情報共有を行い全店舗一体となりサービス向上や集客の効率化を図ります。
FC加盟店店長となる薬剤師も随時募集しています。


蒲田店 店舗概要


オオギ薬局 蒲田店
所在地:〒144-0052東京都大田区蒲田5-18-1THE CITY蒲田4F
電話番号:03-6715-8825
E-mail:kamata@ogiyakkyoku.com
営業時間:火ー土 11:00~14:00 /15:00~19:30 日11:00~14:00
定休日:月曜、祝日



オープン:2022/3/6(絶賛営業中です)


お問い合わせ、その他


オオギ薬局 神田本店
担当:扇柳(オオギヤナギ)
e-mail:contact@ogiyakkyoku.com
本リリースに関するお問い合わせはこちらへ。


オオギ薬局 蒲田店
担当:金谷(カナヤ)
e-mail:kamata@ogiyakkyoku.com
蒲田店の利用・詳細についてのご相談ははこちらへ。

■公式HP オオギ薬局
https://ogiyakkyoku.com/
■神田本店Twitter
https://twitter.com/ogiyakkyoku
■蒲田店Twitter
https://twitter.com/ogi_kamata
■恵比寿店Twitter
https://twitter.com/ogi_ebisu
■新宿店Twitter
https://twitter.com/ogi_shinjuku
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)