医療・医薬・福祉

アイ・エム・アイ株式会社と東大発ベンチャーのACCELStarsが業務提携の検討に向けて基本合意書を締結、「最先端のデジタル技術を活用した睡眠障害の二次予防サービスの共同開発の検討」を開始

ACCELStars
~AIを活用した、睡眠評価装置と最先端ウェアラブルデバイスでの二次予防検査サービスの開発の検討開始~

アイ・エム・アイ株式会社(本社: 埼玉県越谷市、代表取締役社長: 横山秀樹、「以下、IMI」)が提供する睡眠評価装置と株式会社ACCELStars(アクセルスターズ)(本社: 福岡県久留米市、代表取締役社長: 宮原禎、「以下、ACCELStars」 )が保持する世界最高レベル[別紙]の睡眠測定技術を有したウェアラブルデバイスを活用した、睡眠障害の早期発見を目指したサービスを共同開発・提供することに関して、検討を開始することをお知らせいたします。


具体的には、3つの観点で検討をいたします。1つ目は、睡眠検査サービス(以下、二次予防サービス)の共同開発に着手いたします。2つ目は、睡眠時無呼吸症候群に対する両社の製品から取得するデータを元とした二次予防における検査や解析補助アルゴリズムの共同開発と提供について検討してまいります。3つ目は、両社での睡眠健診事業における販売、保守体制の構築、提供および二次予防サービスと連携したサービスの共同開発と提供について検討をしてまいります。

■ 両社で共同開発する睡眠障害の二次予防検査サービスのイメージ



■ IMI 代表取締役社長 横山秀樹の本提携に関する期待

睡眠には心身の疲労を回復する働きがあり、睡眠の質悪化は、健康上の問題や生活への支障が生じてきます。睡眠不足や不眠は、生活習慣病になる危険性を高めることや、うつ病のようなこころの病に繋がることが明らかになっており、睡眠改善に向けた商品やサービスが近年注目を集めています。

当社ではこれまで睡眠検査評価装置の販売やレンタルにより、デバイスの提供を中心とした睡眠事業に取り組んで参りました。今後さらに睡眠に関する事業を強化していく上で、株式会社ACCELStarsが有する世界最高レベルの技術を活用した新たな検査サービスの開発・提供の検討により、睡眠障害の早期発見に繋げるだけにとどまらず、人々が睡眠検査により関心を持ち、より身近に感じ、気軽に検査を受けられる社会づくりに寄与することを目指したいと考えています。

■ ACCELStars 代表取締役CEO 宮原禎の本提携に関する期待

ACCELStarsは、睡眠における一次予防、二次予防、三次予防の事業の展開を予定しています。現在、一次予防である睡眠健診事業を、久留米市を皮切りに、全国津々浦々へ広げていっております。睡眠健診受診者が増加していくと、今まで顕在化していなかった睡眠の課題を持たれる方々を特定することが可能になります。すると、その方々に対するより精密な睡眠検査を準備する必要があり、その技術とサービス開発に課題を抱いていました。アイ・エム・アイ株式会社は、簡便でかつ精度の高い睡眠評価装置を日本最大規模で提供されている企業であり、当社の課題を解決していただけるベストパートナーです。今後、アイ・エム・アイ株式会社と睡眠における一次予防と二次予防を結ぶサービスや、AIを活用した効率的かつ効果的な検査サービスの開発に取り組んでいけることが、とても楽しみです。

■ IMI概要

会社名 アイ・エム・アイ株式会社
代表者 横山 秀樹
本社 埼玉県越谷市流通団地三丁目3番12号
URL https://www.imimed.co.jp/

アイ・エム・アイ株式会社は、医療機器輸入販売商社として1974年に設立されました。人工呼吸器を中心に、救急・集中治療領域で使用される治療機器の輸入販売に40年以上の実績を持ちます。2020年10月、睡眠検査装置の製造販売を行うパシフィックメディコ社との統合により、急性期医療から在宅医療や睡眠検査まで幅広い領域における商品・サービスの拡充を実現しました。日本における高齢化の進展と国民医療費の増大は、社会システムとしての医療体制において大きな課題となっています。弊社は、課題解決型高付加価値サービスの提供により、在宅・睡眠領域においても次世代サービスプラットフォーム企業を目指します。

■ ACCELStars 概要

会社名 株式会社ACCELStars
代表者 宮原 禎
本社 福岡県久留米市百年公園1番1号
東京オフィス 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟 アントレプレナーラボ
URL https://www.accelstars.com/

ACCELStarsは、「睡眠を解明し、新たな治療を創造する」というビジョンのもと、2020年8月に東京大学医学部教授の上田泰己が設立いたしました。統合失調症、うつ病、双極性障害、パーキンソン病、認知症、ADHDなど精神疾患・神経変性疾患・発達障害は、睡眠障害を併発する疾患であり、これらの疾患の治療サポートサービスの提供をいたします。日本国内のみならず世界的に睡眠への関心が高いにもかかわらず、現在提供されている睡眠測定サービスは、医療へ活用するには睡眠と覚醒の検知精度が低いという課題があります。弊社創業者兼取締役CTOの上田を中心に開発した世界最高精度の睡眠測定技術を活用したウェアラブルデバイスを、医療業界を中心に提供していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)