美容・健康 アパレル・ファッション

【眼科医に調査】実に8割以上の方が相関性ありと回答、コンタクトレンズと眼精疲労の密接な関係とは?!

株式会社アップビート
コンタクトレンズの長時間利用は全身に影響を及ぼす!

目の美容院フランチャイズ本部(株式会社アップビート)は、眼科医を対象に、「コンタクトレンズの適正な使用方法と眼疲労」に関する調査を実施しました。


ある調査によると、視力矯正のためにコンタクトレンズを使用している人の割合は6割近くになるそうです。
その他、若い人の間ではファッションでカラーコンタクトを楽しむ機会も増えていますよね。

ただしコンタクトレンズは目の中に入れるものなので、正しい使用方法を守らないと、思わぬトラブルの原因にもなりかねません。

そこで今回、目の美容院フランチャイズ本部(株式会社アップビート)https://menobiyouin.com/)は、眼科医を対象に、「コンタクトレンズの適正な使用方法と眼疲労」に関する調査を実施しました。


【コンタクトレンズのトラブル】最も多いのは「ドライアイ」

はじめに、コンタクトレンズについて伺ってみましょう。



「おすすめのコンタクトレンズはどれですか?」と質問したところ、『ソフトレンズ(35.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『使い捨て(1日)(23.9%)』『ハードレンズ(18.4%)』と続きました。

次に、「コンタクトレンズのトラブルはここ数年で増加傾向にあると思いますか?」と質問したところ、『はい(79.1%)』『いいえ(20.9%)』という結果になりました。

8割近くの方が、コンタクトレンズのトラブルが増えていると回答し、深刻な状況が窺えますが、具体的にどのようなトラブルが増えているのでしょうか?

そこで、「コンタクトレンズのトラブルで一番多いものを教えてください」と質問したところ、『目の渇き(ドライアイ)(43.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『眼球(角膜)に傷がつく(29.5%)』『コンタクトが外れなくなる(12.4%)』と続きました。

コンタクトレンズの使用によって起こる目のトラブルを避けるためには、一人ひとりがアイケアへの意識を持つことが大切なのかもしれません。


【これだけはダメ!】コンタクトレンズ利用上の注意点とは

コンタクトレンズによって、ドライアイなど目のトラブルが増えていることが分かりました。

では、こういったトラブルをできるだけ避けるために、注意するべきポイントは、どのようなことなのでしょうか?


そこで、「コンタクト利用の際に一番注意すべきポイントはなんですか?」と質問したところ、『汚れた手で扱わない(30.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『眼科専門医で定期的に検査を受ける(30.1%)』『レンズ装用時間をきちんと守る(24.8%)』『レンズの使用期間をきちんと守る(10.6%)』『専用のクリーナーなどで正しく手入れする(3.6%)』と続きました。

レンズを清潔に保つことや、眼科専門医を受診するなど、目のトラブルを避けながら上手にコンタクトレンズと付き合っていくことが重要なのかもしれません。


【放っておくと全身に影響する可能性も?!】実は怖い眼疲労

先程の調査で、目のトラブルを避けるためには、コンタクトレンズのケアや、眼科を受診することが重要であることが分かりました。

目のトラブルの他にも、いわゆる「疲れ目」と呼ばれる眼疲労(眼精疲労)に悩む方も多いのではないでしょうか?


そこで、「眼疲労の原因はどんなものがありますか?(上位3つ迄)」と質問したところ、『長時間にわたる画面の注視(45.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『度の合わないメガネやコンタクトレンズの使用(41.5%)』『ドライアイ(40.7%)』と続きました。

近年のデジタル化によりパソコンやスマートフォンが普及し、長時間画面を見ることが増えた現代人ならではの原因が、半数近くを占めているようです。

では、眼疲労になってしまうと、どのような初期症状が出てくるのでしょうか?


続いて、「眼疲労の初期症状を教えてください(上位3つ迄)」と質問したところ、『目がかすむ(46.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『目が痛む(37.0%)』『目が乾く(33.2%)』『目が重い(29.4%)』『まぶしい(23.0%)』と続きました。

半数近くの方が『目がかすむ』などの症状が現れていますが、さらに眼疲労が進んでしまうと全身にどのような影響が現れるのでしょうか?

さらに、「眼疲労が進むことで全身にどのような不調が生じますか?(上位3つ迄)」と質問したところ、『肩こり(60.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『頭痛(54.5%)』『吐き気(40.9%)』『うつ症状(9.4%)』と続きました。

半数以上の方が『肩こり』や『頭痛』が起こると回答し、その他にも、吐き気やうつ症状などの、さらに深刻な不調を招くことが分かりました。


【コンタクトレンズと眼疲労の関係】原因はコンタクトの長時間利用

ここまでの調査で、眼疲労は、長時間画面を見ることが主な原因であり、さらに進行すると、目はおろか全身にも不調をきたすことが分かりました。

では、コンタクトレンズの使用は、眼疲労への影響があるのでしょうか?


「コンタクトの使用方法と眼疲労(眼精疲労)には相関性がありますか?」と質問したところ、『はい(85.0%)』『いいえ(15.0%)』となり、実に8割以上の方が相関性があると回答しましたが、その理由とは一体何なのでしょうか?

具体的に聞いてみました。

■コンタクトを使うとなぜこんなに目が疲れるの…?ひょっとして使用方法に問題アリ!?
・目に異物を入れた状態になるから(30代/女性/千葉県)
・長期使用する方が多い(30代/女性/神奈川県)
・視神経を酷使する(40代/男性/愛知県)
・人間の情報の大半は視覚から得るので、適切な情報取得でなければ負担がかかる(50代/男性/大阪府)

などの回答が寄せられ、コンタクトレンズの間違った使用方法や過度な使用などが、眼疲労に影響していることが分かりました。

では、そのような辛い眼疲労を楽にするためには、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

そこで、「コンタクトの使用による眼疲労を低減する方法を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『長時間コンタクトレンズを使用しない(48.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『目薬を適宜さす(42.6%)』『目元のマッサージをする(34.8%)』『パソコンやスマホの画面を長時間見ない(23.8%)』『目元を冷やす・温める(21.2%)』と続きました。

正しいコンタクトレンズの使用方法を守ることや、また、日常的なアイケアの重要性を再認識する必要があるのかもしれません。


【まとめ】眼疲労による全身の不調が起こる前に適切なケアをしましょう

今回の調査で、コンタクトレンズのトラブルは増加傾向にあり、一番多いトラブルは『ドライアイ』であることが分かりました。

そして、コンタクトレンズの間違った使い方や、過度の使い過ぎなどによって起こる眼疲労は、目のかすみをはじめ、肩こり・頭痛・吐き気など、全身への深刻な不調をきたすようです。

そのような深刻な不調が生じる前に、コンタクトレンズの使用方法を見直し、また疲れを溜めないように定期的なアイケアを取り入れることが、目を健康に保つ秘訣なのかもしれません。


『目の美容院』でリラックス&眼精疲労の改善を!




「最近、コンタクトレンズの長時間利用で目が疲れている」
そんな方におすすめなのが、株式会社アップビートが運営する『目の美容院』https://menobiyouin.com/)です。

『目の美容院』はアイケアを中心に、フェイスライン・足裏・手等を始めとする全身マッサージを行い、目元だけでなく全身の疲労感を緩和。
目元の悩みを内側から解決に導くサポートを致します。

中医学をベースにし、経路に沿って「ハンド」「磁気」を用いて身体全体の自然治癒を促す施術を行っています。
さらに、高濃度酸素を吸っていただきながらのお手入れにより、全身にリフレッシュ感を覚えていただけるでしょう。

施術を受けていただくことで、体全体の血の巡りの促進により眼精疲労を和らげます。

健康の秘訣は目にありました。
POINT1.磁気
磁気美容「磁気のちから」でツボケア
POINT2.酸素
高濃度酸素を吸いながら疲労回復と血液さらさらリフレッシュ
POINT3.手技
中医学に基づいたツボ刺激で疲れをリセット

目の美容院では4つのコースをご用意。
目の不快感はもちろん、眼疲労(疲れ目)からくる肩こり・頭の重さなどの目の不調からくる症状をスッキリさせるために、足のお手入れが非常に重要です。
そのため、ショートコース以外はすべて足のお手入れがコース内容に含まれております。
足のお手入れすることで、目のツボ押しの効果をアップさせ、同時に内蔵のツボもしっかりと刺激します。




■感染対策も徹底!


店内換気の徹底
スタッフ出勤時の検温実施
お客様ご来店時の検温・手指消毒・体調確認を実施 体調のすぐれないお客様は施術をお断りしています
スタッフの常時マスク着用
スタッフは施術前・後に徹底した手指消毒を実施
スタッフの誘導によりお客様同士が近距離で接することのないようお願い致します。

※ご来店時に検温をさせていただきます。丁寧に手指の消毒をお願い致します。

施術は、技術指導・研修を積んだ本部認定スタッフであるアイソロジストが担当します。
安心してお試しくださいませ。

目の美容院で血の巡りを良くし、目の疲れを癒しませんか?

■株式会社アップビート:https://menobiyouin.com/
■お問い合わせ:https://menobiyouin.com/customer-inquiry/
■電話番号:03-5791-2668

調査概要:「コンタクトレンズの適正な使用方法と眼疲労」に関する調査
【調査期間】2022年3月1日(火)~2022年3月2日(水)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,006人
【調査対象】眼科医
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)