美容・健康

メタプラスシリーズ『メタプラス ウエストマックス 15日分』新発売!

株式会社メタボリック
肥満気味な方の体重、体脂肪、血中中性脂肪、内臓脂肪、ウエスト周囲径の減少をサポート! エラグ酸配合の機能性表示食品

新陳代謝にこだわり、全ての人の美と健康を応援する株式会社メタボリック(代表取締役社長:西田和弘 本社:東京都新宿区、以下メタボリック) は、3月18日より機能性表示食品※1「メタプラス ウエストマックス 15日分」を全国のドラッグストア各店にて販売いたします。  メタプラスシリーズは、メタボリックとして初の機能性表示食品として発売したシリーズ商品です。シリーズ第1弾として2021年3月に発売した、おなかの脂肪を減らす「メタプラス ウエスト」は、エビデンスのある機能性表示食品でありながら気軽に挑戦しやすい価格設定であることなどから多くの方にご支持いただいております。「メタプラス ウエストマックス」は、そのシリーズ第2弾となります。 ※1.機能性表示食品:事業者の責任において科学的根拠をもとに商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品のこと。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などを消費者庁長官に届け出を行ったものです。



■配合成分「エラグ酸」が、肥満気味な方の気になる5つの数値の減少をサポート!

「メタプラス ウエストマックス 15日分」は、機能性関与成分としてアフリカマンゴノキ※2由来のエラグ酸を含みます。エラグ酸は、肥満気味な方(BMI25~30)の体重、体脂肪、血中中性脂肪、内臓脂肪、ウエスト周囲径の減少をサポートし、高めのBMI値の改善に役立つことが報告※3されています。
加えて、その他のこだわり成分としてニームリーフエキス、マンゴージンジャーエキス、L–カルニチン、キャンドルブッシュも配合しています。
日常の適度な運動と、バランスの良い食事に「メタプラス ウエストマックス」をプラスして、お腹の周囲径、体重や数値(血中中性脂肪、体脂肪、内臓脂肪)対策に、ぜひお役立ていただければと思います。
また、エビデンスのある機能性表示食品でありながら、気軽に挑戦しやすい価格設定にしています。

※2.アフリカマンゴノキ:西アフリカやインドに自生する高木でその果実の形状がフルーツのマンゴーに似ていることから「アフリカマンゴノキ」と呼ばれています。またその種子エキスは健康に寄与するとして、多くの研究が行われています。
※3.(出典)Functional Foods in Health and Disease,10(4),180-194(2020)

■商品概要
商品名: メタプラス ウエストマックス 15日分
機能性関与成分: エラグ酸 3mg ※3粒(0.84g)当たり
届出番号: G70
届出表示: 本品にはエラグ酸が含まれています。エラグ酸は肥満気味な方の体重、体脂肪、血中中性脂肪、内臓脂肪、ウエスト周囲径の減少をサポートし、高めのBMI値の改善に役立つことが報告されています。
対象者: 肥満気味(BMI25~30)の健康成人(疾病に罹患している者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く。)
希望小売価格: 15日分 ¥1,598(税込)
販売店舗: 全国のドラッグストア各店
内容量: 12.6g(280mg×45粒)
その他の成分: ニームリーフエキス末100mg、キャンドルブッシュエキス末100mg、L-カルニチン50mg、マンゴージンジャーエキス末10mg ※3粒(0.84g)当たり
摂取の方法: 1日3粒を目安に、食事前にたっぷりの水またはぬるま湯と一緒にかまずにお召し上がりください。
URL: https://www.mdc.co.jp/prmo/metaplus/waist-max

■機能性表示食品のメタプラス シリーズ一覧



■株式会社メタボリック
すべての人に美と健康を。
株式会社メタボリックは、1991年(平成3年)10月に発足した、健康食品メーカーです。“メタボリック”は英語で、「新陳代謝の」という意味があることから、「健康と美容の基本は新陳代謝にある」という意味を込めて社名としています。そしてメタボリックは創業以来、一貫して最新の研究結果やお客様の声に耳を傾け、細心の注意と好奇心を持って商品開発・販売を行っています。日常生活を通じて健康づくりをサポートする役割を担うべく、新陳代謝にこだわり、より安全で安心な商品作りを通して、お客様の美と健康に貢献できるよう努力を続けてまいります。https://www.mdc.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)