医療・医薬・福祉

「医師の働き方改革」の具体的な対応策をまとめたレポートを医療業界の関与先300社以上の社労士が発行!

社会保険労務士法人アミック人事サポート
すべての病院・クリニックで対応必須!2024年医師の働き方改革に向けた準備は進んでいますか?

医療業界の関与先300社以上の実績をもつ、医療業界の人事労務に精通した社会保険労務士法人アミック人事サポートが、病院・クリニックの経営者様向けの「医師の働き方改革」に関するレポートを作成しました!




▼【ダウンロード無料】レポートダウンロードはこちらから▼

URL:https://tochigi-jinji-roumu.com/%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/

※同業・士業の方のダウンロードはご遠慮いただいております。


2019年4月の働き方改革関連法施行で、日本企業の働き方は大きく変わりました。そんな中、医師の急な労働時間削減は現実的ではないとして、医師の労働時間上限規制には、5年間の猶予が設けられました。このように医療業界は働き方改革の例外として扱われてきた背景もあり、医師の労働時間が長時間になってしまいがちでした。しかし、2024年からはいよいよ医師にも労働時間の上限規制が適用されます。この法改正に対応するため、2024年までに既定の時間内で業務をまわせるよう、現状の医師の働き方を見直し、病院・クリニック内の体制を整えていくことが必須になります。


▼このような方に読んでいただきたいレポートです▼

☑ 2024年までに対応が必須な法改正の詳細を知りたい
☑ 2024年までに医師の労働時間を削減しておかなければならないことは知っているが、具体的にどのように対応したらよいか分からない
☑ 採用・育成に使える時間にも限界があり、現在の勤務医の労働時間をこれ以上減らすことは難しいと感じている
☑ 医局からの紹介で、勤務医に手伝いに来てもらっているが、勤務医が来ないとなると業務がまわらない
☑ 労働時間の上限規制への現実的な対応策が知りたい


▼無料レポートダウンロードはこちらから▼

URL:https://tochigi-jinji-roumu.com/%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/
※同業・士業の方のダウンロードはご遠慮いただいております。


▼本レポートを読むメリット▼

2024年に適用となる医師の働き方改革の内容が分かる!
医師の労働時間の上限規制が適用されるまでに対応すべきことが分かる!
現在の勤務医の労働時間を大幅に削減することが難しい病院・クリニックでの、医師の働き方改革に対する現実的な対応方法が分かる!
病院・クリニックの規模や、勤務医の数に応じて、今から準備しておくべきことが明確になる!


▼レポートの内容▼
・2019年4月の働き方改革で変わったこと
・2024年までに医療業界で対応しなければならないこと
・人事労務の専門家による法改正対応のポイント
・2024年に向けて病院・クリニックの経営者様が実施するべき3つのステップ


▼医療業界のお客様と接点のある企業様のレポートダウンロードも大歓迎です▼
本レポートを通して、医師の働き方改革への対応方法をより多くの病院・クリニック経営者様に知っていただきたいと思っています。そのため、おつながりのある病院・クリニックの経営者様に本レポートをお渡しいただくなど、より多くの病院・クリニックでスムーズに働き方改革への対応が進むよう、自由にご活用いただけますと幸いでございます。

医師の働き方改革に関してお困りの病院・クリニックの経営者様がいらっしゃいましたら、ご紹介もお受けしております。


▼無料レポートダウンロードはこちらから▼

URL:https://tochigi-jinji-roumu.com/%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/
※同業・士業の方のダウンロードはご遠慮いただいております。

【執筆者】

社会保険労務士法人アミック人事サポート 代表社員 社会保険労務士 高橋友恵
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)