医療・医薬・福祉

世界の羊膜市場は、2022年~2030年にかけて年平均成長率 7.03%と予測 - インクウッドリサーチ【レポート取扱開始のお知らせ】

株式会社データリソース
https://www.dri.co.jp/auto/report/inkwood/220307-global-amniotic-membrane-market-forecast.html

株式会社データリソース(東京都港区)はInkwood Research(インクウッドリサーチ)の「羊膜の世界市場予測 2022-2030」の取扱を2022年3月15日に開始いたしました。



レポート概要
主な調査結果

羊膜の世界市場は、予測期間である2022年から2030年にかけてCAGR7.03%を記録すると予測されています。創傷治療に対する啓蒙活動、再生医療や幹細胞生物学の研究の高まり、外傷や熱傷の発生件数の増加が市場成長を促進しています。

市場に関する考察
羊膜(AM)は、胚を包む薄い膜で、免疫、抗ウイルス、抗菌、抗炎症作用がある。また、非腫瘍性の組織であり、上皮化を促進し、いくつかの外科的処置に応用されています。
近年、外傷や熱傷の増加に伴い、創傷治療がますます優先されるようになっています。そのため、医師や研究者、専門家による啓発活動が世界的に行われています。例えば、米国Carteret Health Care社のWound Care Centerでは、慢性創傷に対する意識を高めるための活動を行っています。また、いくつかの主要な研究機関では、AMを用いた高度な創傷治療のためのプログラムを数多く提供しています。

さらに、臨床治療では、死んだ細胞や傷ついた細胞を再生し、傷を治すために、大規模なAMが取り入れられています。さらに、このプロセスには最小限のコストしかかからないため、医療関係者はこのような啓蒙プログラムに注目しています。このような羊膜の特性は、世界の羊膜市場の成長を牽引しています。しかし、羊膜の使用に関する制約が市場成長の妨げとなっています。

地域別インサイト
羊膜の世界市場成長評価には、北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域の地理的評価が含まれています。北米は、怪我の迅速な治療に対する需要が高まっており、世界的に最大の収益源となることが予想される地域です。

競争優位性
競争は緩やかである。これは、多数の市場参加者がいる新興市場において、AMの新しい用途に起因するものです。この市場における著名な企業には、Bio-Tissue Inc、Amino X Medical Inc、SurgiLogix Llc、MiMedxなどが挙げられます。

レポートの提供内容


- 市場全体に関する主要な知見の調査
- 市場力学(推進要因、抑制要因、機会、課題)の戦略的な内訳
- 全セグメント、サブセグメント、地域の3年分の過去データとともに、最低9年間の市場予測を掲載
- 市場の細分化により、主要セグメントを徹底的に評価し、その市場推定値を提示
- 地域別分析:言及された地域および国別セグメントの評価とその市場占有率
- 主要な分析ポーターの5つの力分析、ベンダーランドスケープ、オポチュニティマトリックス、キーバイヤークライテリア、など
- コンペティティブ・ランドスケープは、主要企業を要因や市場シェアなどに基づいて理論的に説明
- 企業プロファイリング。詳細な企業概要、提供する製品/サービス、SCOT分析、最近の戦略的展開など


■このレポートの詳細
羊膜の世界市場予測 2022-2030

https://www.dri.co.jp/auto/report/inkwood/220307-global-amniotic-membrane-market-forecast.html

■調査会社について
Inkwood Research(インクウッドリサーチ)

https://www.dri.co.jp/auto/report/inkwood/
株式会社データリソースはインクウッドリサーチの日本の正規販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

【このプレスリリースに関するお問合せ】
インクウッドリサーチ 正規販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Email: office@dri.co.jp
HP:https://www.dri.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)