美容・健康 インテリア・雑貨

乾燥性敏感肌に、全身用保湿スプレー誕生『キュレル ディープモイスチャースプレー』新発売

花王株式会社(花王MKニュース)
花王株式会社(社長・澤田道隆)は、2020年4月11日、肌荒れ・カサつきを繰り返しがちな乾燥性敏感肌に悩む方に向けて、全身に使える保湿スプレー「キュレル ディープモイスチャースプレー」【医薬部外品】を新発売します。



同商品をブランドの中核商品と位置づけ、日本での発売を皮切りにアジアでスピーディーな展開を図ることにより、グローバルでの成長を加速させていきます。
花王は「キュレル」ブランドにおいて、ESG視点での「よきモノづくり」を推進し、乾燥性敏感肌の方の心豊かな暮らしに貢献していきます。


発売の背景

「キュレル」は、乾燥性敏感肌を、顔、からだから頭皮までトータルでケアするグローバルスキンケアブランドです。1999年に日本で誕生以来、乾燥性敏感肌に悩む多くのお客さまに寄り添った商品提案により敏感肌用化粧品で5年連続売上NO.1※1ブランドへと成長しています。
2018年に花王が国内で行なった調査では、肌が敏感だと感じている方は顔では約50%、からだでは約45%おり、増加の傾向にあることがわかりました。また、乾燥性敏感肌の方は、特定の部位だけでなく、腕、足、背中、腹といった、複数の部位が乾燥しやすいことに悩んでおり、一日中乾燥しがちであることもわかりました。
そこで、一年中、一日中、乾燥性敏感肌に悩む方に向けて、「キュレル」から顔やからだ全身に使える保湿スプレーを新発売します。「保湿効果」と、スプレータイプでいつでも気軽に使える「簡便性」の両立を叶え、生活のあらゆる場面でのスキンケア習慣を提案します。
また、「キュレル」がきめ細かく提案するラインアップのなかで、同商品を中核と位置づけ、アジアでスピーディーな展開を図ります。これにより、日本をはじめグローバルでブランドの成長を加速させ、2025年までに「キュレル」の海外売上比率を約50%まで高めていきます。
※1インテージSRI化粧品敏感肌市場2015年1月~2019年12月 シリーズ別金額シェア


商品特長

「キュレル ディープモイスチャースプレー」【医薬部外品】は、乾燥性敏感肌の方に向けた、肌荒れ・カサつきが気になるときに、いつでもどこでもどこにでもセラミドケア※2ができる保湿スプレーです。消炎剤(有効成分)配合により、肌荒れを防ぎます。このたび、セラミド機能成分※3(保湿)をスプレー剤型に配合するために微細化する技術開発に成功し、新たな製法として採用しました。微細化したセラミド機能成分※3が、肌の奥(角層)まで浸透するミクロモイスチャー処方により、ひと吹きで潤ったやわらかな肌に保ちます。
スプレータイプなので、手が届きにくい背中や腰など、からだの隅々まで、簡単に保湿ケアができます。また、お風呂上りだけでなく、メイクの上からなど、乾燥を感じる様々な場面、お子さまのデリケートな肌、肌荒れしがちな男性の肌などにもお使いいただけます。
※2「セラミド」の働きを補い 潤いを与える。
※3 ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

◆ 商品概要 ◆ ※メーカー希望小売価格は設定いたしません。
商品名:キュレル ディープモイスチャースプレー【医薬部外品】
販売名:CurélディープモイスチャースプレーA
品種・容量:3種(60g/150g/250g)

商品特長
肌荒れ・カサつきを繰り返しがちな、乾燥性敏感肌に全身に使いやすい保湿スプレー
●肌荒れを防ぐ 消炎剤(有効成分)配合
●セラミドケア:「セラミド」の働きを補い 潤いを与える
●ミクロモイスチャー処方:微細化したセラミド機能成分※3が、肌の奥(角層)まで浸透。ひと吹きで、潤ったやわらかな肌に保ちます
●潤い成分(ユーカリエキス)配合
●ケアしづらい背中や腰など、全身に
●一日中、顔やからだに いつでもどこでも潤い補給
※3 ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

●乾燥性敏感肌を考えた低刺激設計
○弱酸性 ○無香料 ○無着色 ○アルコールフリー(エチルアルコール無添加) ○アレルギーテスト済み※4
○乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み※4

[パッチテスト:皮膚に対する刺激性を確認するテストです]
※4 すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。

◆発売日◆
国内:2020年4月11日  (2月26日 一部オンラインショップにて先行発売)
※日本での発売以降順次、花王台湾、花王シンガポール、花王香港、花王ベトナム、花王マレーシア、花王タイ、花王中国での取り扱いを開始する予定です。

◆国内の主な取り扱い店◆
ドラッグストア、量販店、一部オンラインショップなど
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)