食品・飲料 美容・健康

日本発、クラフトエナジードリンク リカバリー系アミノ酸UCAA配合「レイセンス・ドラフト」

株式会社エムエスディ
「レイセンス・ドラフト」2022年3月26日よりプレ販売開始!

宇宙における生活課題と、地球上の人々が有する生活課題解決に対して、ボーダーレスな課題解決の仕組みを生み出す商品の企画・開発を行っている株式会社エムエスディ(本社:東京都港区、代表取締役:北島大器)は2022年3月26日よりLaysens LAB.(レイセンスラボ 東京都世田谷区等々力2−35−20)にてクラフトエナジードリンク「レイセンス・ドラフト」のプレ販売を開始いたします。




■商品詳細

名称:「レイセンス・ドラフト」
発売日:2022年3月26日 (土)
価格:卸販売契約・価格についてはメールにてお問合せください。
販売場所:Laysens LAB.(レイセンスラボ、東京都世田谷区等々力2−35−20)
特徴:
◆UCAAの一種、オルニチン1000mg配合
◆果糖ブドウ糖液糖無配合
◆フルーツ・ハーブ・スパイス等をオリジナル調合したクラフトエナジードリンク

 日本発リカバリーブランド「レイセンス」は、2020年12月、宇宙開発食開発の副産物として生まれました。
 今回はシリーズ初の生ドリンクタイプ「レイセンス・ドラフト」。オルニチン1000mgに加え、よもぎ・ほうじ茶・カテキン・ブルーベリー・レモン・りんご・生姜・はちみつ・ハーブ類・オーガニックスパイス類を独自配合したエナジードリンクです。
 二日酔いの時、疲れが取れない朝、ストレスと睡眠不足が続く日々、UCAAの一つであるオルニチンによる毒素排出パワーによって現代人のリカバリーをサポートします。



■今後の展開

 リラクゼーション施設、屋外イベント、飲食店への卸販売を皮切りとし、その後自社にて独自の店頭販売網構築を目指します。


■BCAAの次は、UCAAの時代がやってくる。宇宙分野で注目されるリカバリー系アミノ酸

 レイセンスブランドの開発販売元である株式会社エムエスディは、自社の開発ラボで、宇宙食・災害食など高い品質基準が求められる飲料・食品・消費財の開発を行う企業です。レイセンスの中には、宇宙の知恵やテクノロジーが沢山詰まっています。
 当社は2018年から宇宙消費財の開発を始めました。宇宙における栄養・健康課題とその課題に対する最適な解決策を活用し、地上での利用に技術を転用して商品の開発をしています。
 宇宙ステーションや月面・火星基地のような閉鎖空間では、生命活動に必要なエネルギー源や栄養源を全て地球からの補給物資に頼ることが難しいため、排出・排泄したものを循環し、再活用することが求められています。摂取する成分は生体内で容易に分解が可能であり、生体内代謝経路が明確であるものが望まれます。 私たちは、UCAA(尿素回路アミノ酸)を宇宙における生活課題と、地球上の人々が有する生活課題解決に対するボーダーレスな課題解決の一つとして捉えています。巷に溢れるカフェインや砂糖まみれのエナジードリンク、それに有効成分が充分に入っていないまがい物の健康食品・サプリメント。そうした商品に一石を投じ、「本物」の品質を実感いただくことが出来るのは、私たちの宇宙分野でのテクノロジーをもってしてこそだと、考えています。



■ UCAA No1ブランドとして

UCAAの1種であるオルニチンは、独特の強い臭みがあり、そのまま摂取することが難しいアミノ酸です。
私たちは、年単位で研究を重ね、オルニチンの活用を妨げる独特の強い臭みをカテキンで中和する独自の配合テクノロジーを生み出すことでオルニチン1000mgという高配合を実現しました。世界中どこを探しても、これほどのオルニチン配合量の飲料は見つかりません。 私たちは、レイセンスをUCAA No1ブランドとして、まだあまり認知されていないUCAAの可能性と共に、世界中の人々に広く伝えていけたらと考えています。



製品に関するお問い合わせ先:
株式会社エムエスディ 「レイセンス・ドラフト」担当者まで 
TEL.03-5843-9372 E-mail:support@msd1996.jp

【会社概要】 
社名: 株式会社エムエスディ(TEL.03-5843-9372)
代表: 代表取締役  北島 大器
本社所在地: 東京都港区芝浦1−13−10ー8F
URL: https://msd1996.jp/
設立年:1996年
資本金:10,000,000円
従業員数:11名
事業内容:自社商品の企画開発・ブランディング
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)