出版・アート・カルチャー 美容・健康

その不調、頭がい骨のゆがみが原因かも!? 話題の骨格矯正士が教える1分セルフケア『耳穴スイッチ』

株式会社世界文化ホールディングス
2022年3月23日(水)発売『耳穴スイッチ』

世界文化社は、書籍『耳穴スイッチ』を2022年3月23日(水)に発売します。





その不調、頭がい骨のゆがみが原因かも!?

外出や人とのコミュニケーションもままならない昨今、ストレスからくる不調をかかえる人が急増しています。中でも増えているのが、難聴、耳鳴り、めまいなどの耳のトラブルで、これらは耳の機能低下のサインともいわれています。『眼圧リセット』をはじめ、数々のベストセラーを上梓する骨格矯正士の清水ろっかんさんは、耳の機能低下の多くは、頭がい骨のゆがみに由来するといいます。そして、そのカギとなるのが、顔奥の中央にある「蝶形骨(ちょうけいこつ)」なのです。
本書では、1分程度の簡単なマッサージで蝶形骨に刺激を届け、効果的にゆがみを解消するメソッドを紹介。自宅でのセルフケアで頭がい骨を整え、各感覚器の不調を改善します。





1分のマッサージでゆがみリセット!「耳穴スイッチ」


蝶形骨は、頭がい骨の内側中央にあり、頭がい骨の多くのパーツをつないで底支えしている、いわば顔の中心核といえる骨。耳と接するこめかみや目のくぼみ、鼻腔などに接しており、ここを正すと頭がい骨全体のゆがみを一気に整えることに役立ちます。
清水ろっかんさん考案の「耳穴スイッチ」は、この蝶形骨に刺激を届け、効果的にゆがみを解消。道具要らず、1分でおこなえるセルフケアなのです。


本書では、2種類の耳穴スイッチのほか、頭痛、疲れ目、花粉症などの不調にも効果的なパーツ別ケアや、女性にうれしい若返りケアも掲載。

「聞こえ」が悪くなると耳から入る情報量が減って脳への刺激が少なくなり、認知機能に影響を及ぼすともいわれています。自宅でできるセルフケアで、「何となく不調」の予防にお役立てください。


<著者プロフィール>
清水ろっかん

骨格矯正士。 整体サロン「ろっかん塾」主宰。1955年生まれ。中学時代、柔道の試合でひざに大けがを負い、長年痛みや不調に苦しむ。その経験からさまざまな治療法や整体術を学び、自力で克服。現代人の不調の原因として骨格のゆがみに着目し、独自の矯正理論を確立する。即効性のあるテクニックが評判を呼び、不調改善のゴッドハンドとして各メディアで活躍。多くの有名芸能人からの信頼も厚い。「自分の不調は自分で改善できる」をモットーに、サロンでの施術とともに正しい体の使い方を指導する啓発活動にも余念がない。『眼圧リセット』(飛鳥新社)などベストセラー多数。

<目次>
第1章 その不調、「頭がい骨」のゆがみが原因です!
第2章 頭のゆがみを一気にリセ ット! [1分耳穴スイッチ]
第3章 不調がスッキリ [特効!パーツ別ケア]
第4章 何となく不調がラクになる! 若返る![超簡単ケア]




<刊行概要>
『耳穴スイッチ』

■発売日:2022年3月23日(水)
■定価 :1,540円(税込)
■発行 :株式会社世界文化ブックス
■発行・発売:株式会社世界文化社
https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/22408.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)