広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

行動リハビリテーション市場、2028年には5億4,084万米ドル規模に成長予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「行動リハビリテーションの世界市場予測(2028年まで):COVID-19の影響、治療法別・用途別・医療環境別の分析」(The Insight Partners)の販売を2022年3月18日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1064240-behavioral-rehabilitation-market-forecast-covid.html





行動リハビリテーション市場は、2021年の3億5,063万米ドルから2028年には5億4,084万米ドルに成長すると予測されており、年平均成長率6.4%で成長すると推測されています。
人々は様々な理由でいくつかの行動依存症に陥り、長期的な観点から健康や幸福に深刻な影響を与えることがあります。行動リハビリテーションは、患者を行動習慣から更生させるために多く利用されている方法です。行動依存症は物質誤用依存症と同じで、異なる方法論によるコースと薬物療法を受ける必要があります。行動リハビリテーションの活動は、長期間にわたって行い、特定の依存症を理解する専門家によって実施されます。

市場動向
行動リハビリテーション療法の利用可能性
行動障害は、世界中の子どもや青少年に共通する問題です。少なくとも6ヵ月間続く破壊的な行動パターンを伴い、家庭や学校、その他の社会的な場面で問題を引き起こします。破壊的行動障害(DBD)は、子どもや青少年の膨大な疾病に大きく寄与しています。精神疾患に分類されるDBDには、主に行動障害(CD)と反抗挑戦性障害(ODD)が含まれます。

米国疾病対策予防センター(CDC)によると、米国の4~17歳の子どもの5.1%が、両親から重度の情緒・行動障害を患っていると報告されています。米国国立精神衛生研究所(NIMH)は最近の報告書で、情緒・行動障害は世界中の子どもの10~15%に影響を及ぼすと述べています。また、一般的な行動障害である強迫性障害(OCD)は、米国では約2~3%の人が罹患しています。成人では、罹患する女性の数が男性よりもわずかに多くなっており、OCDは多くの場合、小児期、思春期、成人期初期に始まり、症状が現れる平均年齢は19歳です。

多くの研究により、依存症やうつ病は治療可能であることが示されています。薬物乱用や依存症に関する世界の研究の85%以上を支援している米国国立薬物乱用研究所(NIDA)は、カウンセリング治療サービスが最も効果的な治療アプローチであることを明らかにしました。行動障害に対する治療は、主に行動療法と薬物療法が中心です。行動障害には、ペアレント・マネジメント・トレーニングや家族療法がかなり有効であると考えられています。認知行動療法は、行動障害の症状を管理するために最も使用されるメカニズムとして表面化しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1064240-behavioral-rehabilitation-market-forecast-covid.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)