広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ボツリヌス毒素市場、2028年に89億762万米ドル規模に到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ボツリヌス毒素の世界市場予測(2028年まで):COVID-19の影響、製品タイプ別・用途別・エンドユーザー別の分析」(The Insight Partners)の販売を2022年3月18日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1064270-botulinum-toxin-market-forecast-covid-impact.html




ボツリヌス毒素市場は、2021年の53億771万米ドルから2028年には89億762万米ドルに達し、年平均成長率は7.8%と予想されています。
ボツリヌス毒素は、神経を攻撃して筋肉を麻痺させる神経毒です。クロストリジウム・ボツリヌスとして知られる細菌が神経毒を作ります。医療従事者は、医療用注射に特定の細菌を使用します。ボツリヌス毒素の注射は、注入された筋肉への神経信号を遮断します。信号がなければ、筋肉は収縮することができません。その結果、不要な顔のシワを減らすことができます。ボトックスやディスポートなどのボツリヌス毒素注射は、シワの原因となる筋肉を弛緩させることで、見た目を改善します。これらの注射は、偏頭痛、多汗症、過活動膀胱、眼病なども治療します。

市場動向
美容施術の増加とボツリヌス毒素の使用が市場の成長を促進
フランス全土で、非外科的処置や皮膚注射が大幅に増加しています。Global Aesthetics Consensusによると、2016年には、国内で~258,438件の非外科的美容施術が行われ、そのうち101,400件以上がボツリヌス毒素(BTX)施術であったとされています。
美容クリニックの拡大や美容施術者の増加により、今後数年間はボツリヌス毒素市場をさらに牽引していくことが予想されます。スイス、ルーマニア、ロシアなどの国の人々は、フランスで利用できる高度な医療サービスのために、美容施術を受けるためにフランスを訪れます。

イタリアでは、美容整形を申し込む患者の10人に1人が旅行者です。イタリア美容整形外科協会(AICPE)は、国際美容整形外科学会(ISAPS)と「美容提携」を発表し、患者の安全性を高めた高品質の美容外科手術の開発を進めていました。これにより、ボツリヌス毒素市場の需要が高まります。

同様に、米国形成外科学会(ASPS)によると、米国で行われたA型ボツリヌス毒素(ボトックス、ディスポート、ゼオミン)低侵襲美容手術は合計440万1536件で、そのうち女性が413万6289件、男性が26万5247件となっています。2020年には、Aesthetic Neural Network(ANN)のデータにより、美容整形手術に費やされた総収入は90億米ドルを超えると報告されています。
米国形成外科学会(ASPS)によると、2019年、インドで行われた美容整形手術の数は643,752件です。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1064270-botulinum-toxin-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)