美容・健康 ビジネス・コンサルティング

【ヤフーのグッドコンディション推進室長も登壇】これからの社員の健康はどう守る?現場と医療の視点から考えるウェルビーイング経営ウェビナー

株式会社メディカルノート
~3月23日から25日、29日にかけて全5回の人事労務・健保組合担当者向けウェビナーを開催~

株式会社メディカルノート(東京都港区、代表取締役CEO:梅田 裕真、代表取締役:井上 祥、以下、メディカルノート)は、3月23日、24日、25日と29日に、企業経営と社員の健康に焦点を当てたウェビナーを開催します。産業医や先進的な人事・労務施策に取り組む企業の現場担当者をお招きした講演・トークセッションを開催予定。リモートワーク下でいかに社員の健康やワークエンゲージメントを高めていくかを議論していきます。



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、多くの日本企業でリモートワークが定着しました。通勤にかかる負担を減らしたり、余暇時間を有効活用できたりといったメリットが挙げられる一方、社員の生産性やワークエンゲージメントの把握がより難しくなったと頭を悩ませる企業も少なくありません。
本イベントは、有識者や現場担当者が議論することで、社員の生産性やワークエンゲージメントを高めていくためにどのような取り組みが有効かを明らかにしていくものです。
企業に寄り添う新しい産業医のあり方を模索する現役産業医の天野医師をはじめ、様々なゲストスピーカーをお招きします。是非お気軽にご参加下さい。






登壇者情報

※登壇者は予告なく変更される場合がございます。ご了承下さい。最新情報は、専用ページをご覧ください。(https://medicalnote-webinar.com/coworker/


市川 久浩(いちかわひさひろ)氏
ヤフー株式会社 グッドコンディション推進室長
ワーク&ウェルネス株式会社 代表取締役
YG健康保険組合 理事

2004年ヤフー株式会社入社。カスタマーサポート部門の子会社取締役、CS本部 本部長、株式会社IDCフロンティア 経営戦略本部 本部長などを経て、2017年10月より現職。
健康経営エキスパートアドバイザー。健康マスター・普及認定講師。ビジネスコーチ株式会社 認定エグゼクティブコーチ。


福田 吉治(ふくだ よしはる)氏
帝京大学大学院公衆衛生学研究科 教授・研究科長
帝京大学産業環境保健学センター センター長

熊本大学・同大学院医学研究科卒業(医師・医学博士)。国立医療・病院管理研究所、東京医科歯科大学等を経て、平成27年から帝京大学大学院公衆衛生学研究科教授、平成30年から同研究科長。専門分野は、社会疫学、ヘルスプロモーション、産業保健。産業医として健康経営、データヘルス計画等に従事。


福田 芽森(ふくだ めもり)氏
日本医師会 認定産業医、レジリエンストレーニング講師、京都大学公衆衛生大学院 健康情報学、慶應義塾大学 循環器内科、アイリス株式会社 臨床開発部

東京女子医科大学医学部を卒業後、国立病院機構東京医療センターで初期研修、同院循環器内科を経て、慶應義塾大学循環器内科に入局、助教を務める。臨床を続けながら、2019年からAI医療機器開発スタートアップ企業のアイリス株式会社に参画、臨床開発に従事。また、予防医療やポジティブ心理学を重んじる観点から産業医業務にも従事。医療情報が玉石混交である情報化社会の中で正しく分かりやすい医療情報を伝えたいという思いで、日本循環器学会広報部会委員としての広報活動や、Yahoo!ニュース個人などでサイエンスライティングも行っている。


天野 方一(あまの ほういち)氏
医師/公衆衛生学修士(MPH)/博士(公衆衛生学)
eHealth clinic 院長、帝京大学大学院公衆衛生学研究科非常勤講師、帝京大学ちば総合医療センター第三内科(腎臓内科)非常勤医師、合同会社ActiveHealthLab代表など

埼玉医科大学卒業後、2016年より帝京大学大学院公衆衛生学研究科に入学し、2018年9月よりハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard T.H. Chan School of Public Health)に留学。予防医療に特化したメディカルクリニックで勤務後、eHealth clinicを2021年4月に開業。複数企業の嘱託産業医としても勤務中。理念は「日常生活を改善することで、身体だけでなく心も健康に」。専門は腎臓病学/予防医学/抗加齢学医学/産業医学


水野 玲生
株式会社メディカルノート 取締役 CRO

1982年東京都生まれ。株式会社リクルートHRマーケティングにて営業職を経験した後、webマーケティングのベンチャー企業に転職し、事業責任者としてマーケティング組織の立ち上げや、プロダクトの開発を経験。その後、toC向けプロダクトを広く展開するIT大手企業でウェブメディアの立ち上げを担当。2017年9月メディカルノートに参画。事業責任者として複数のサービス・プロダクトの立ち上げを成功させる。2021年12月27日現職。



プログラム詳細

※プログラムは予告なく変更される場合がございます。ご了承下さい。最新情報は、専用ページをご覧ください。(https://medicalnote-webinar.com/coworker/



現役産業医の天野医師に登壇頂き、産業医視点で勤怠管理ツールや健診管理システム、ピアボーナスサービスなどのバックオフィスツールの選び方のポイントを解説頂きます。従業員の生産性やワークエンゲージメントを高めるためにはどういうポイントを意識すべきなのか、またそれらツールを有効活用するコツなどをご紹介します。

登壇者
・産業医 天野方一 氏
・株式会社メディカルノート 水野 玲生


本セミナーでは健康経営に先進的に取り組む、ヤフー株式会社グッドコンディション推進室責任者の市川 久浩氏をゲストスピーカーとしてお迎えします。産業医の天野方一先生との講演・対談を通してこれからの健康経営について考える参考にして頂ければと思います。

登壇者
・ヤフー株式会社 市川久浩氏
・産業医 天野方一 氏
・株式会社メディカルノート 水野 玲生


現役産業医の天野医師に登壇いただき、プレゼンティズムやワークエンゲージメントを高めることで生産性の維持・向上につなげるポイントを最新の研究データを踏まえて解説いただきます。

登壇者
・産業医 天野方一 氏
・株式会社メディカルノート 水野 玲生


ポジティブ心理学の知見を持つ福田芽森先生と、ワークエンゲージメントの研究を行う天野先生の2名による講演です。両者のディスカッションを通して、健康経営を実現する方法を考えていきます。

登壇者
・産業医 福田芽森先生
・産業医 天野方一先生
・株式会社メディカルノート 代表取締役 井上祥

※「健康経営(R)」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

社会疫学のエキスパートである福田吉治先生とワークエンゲージメントの研究を行う天野先生の2名にご登壇頂き、社員の健康と生産性について社会疫学の観点から解説・ディスカッションして頂きます。

登壇者
・産業医 福田吉治先生
・産業医 天野方一先生
・株式会社メディカルノート 代表取締役 井上祥



お申し込みはこちら

https://medicalnote-webinar.com/coworker/



株式会社メディカルノートの概要

株式会社メディカルノートは、“医療”を再定義し続けるベンチャー企業です。信頼できる医療情報を発信するとともに、最適な医療へのアクセスをサポートする医療・ヘルスケアプラットフォーム「Medical Note」や医師向け医療情報検索サービス「Medical Note Expert」を運営。企業、病院、学会、行政と連携し、日常をより良く生きるための健康・美容を支える多様なサービスを展開しています。「すべての人が"医療"に迷わない社会へ」というミッションのもと、リアルとデジタルを融合することで医療をより身近なものとし、誰もが最適な医療を選択できることで、国や医師、医療従事者だけでなく、すべての人の力で"医療"を支え、発展させ続ける社会を実現します。

会社名:株式会社メディカルノート
設立:2014年10月
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山二丁目9番5号 スタジアムプレイス青山5F
代表取締役CEO:梅田 裕真
代表取締役:井上 祥
事業内容:デジタルイノベーション事業、ヘルスケア事業、プラットフォーム事業
コーポレートサイト: https://medicalnote.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)