ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

「高齢者向け介護施設」を探すご家族に向けたWebサイト「介護カレンダー」の人気コンテンツ「介護施設探しの体験談」の掲載数が100件突破。ご家族の悩みや不安、疑問など、リアルな体験談に共感の声。

株式会社ベビーカレンダー
大切な親に長生きしてほしいという気持ちと先の見えない介護への不安の間で揺れ動く100通りの介護の形を紹介。

株式会社ベビーカレンダー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:安田啓司)が運営する、「高齢者向け介護施設」を探すご家族に向けたWebサイト「介護カレンダー」の人気コンテンツ「介護施設探しの体験談」の掲載数が100件を突破いたしました。高齢者向け介護施設探しに悩むご家族の悩みや不安、疑問など、リアルな声に共感が集まっています。



「介護カレンダー」(https://kaigo-calendar.jp)は、「介護に対する不安」をお持ちの方、特に「高齢者向け介護施設」を探す方に向けたWebサイトです。

「介護」は、必要になる年齢も、その期間も、人によってさまざま、先が見えません。そしてそれは突然やって来ます。昨日まで元気だった親が突然歩けなくなったり、認知症になって混乱したり。昨日まで予想していなかった、そして先の見えない介護が始まります。

「高齢者向け介護施設探し」もそのひとつです。世の中にたくさんの情報はありますが、難しい言葉が理解できずになかなか先に進めません。

2019年11月にスタートした「介護施設探しの体験談」(https://kaigo-calendar.jp/post/category/experience/)は、初めて介護を経験する方が実際のシーンをイメージできるように、大切な親に長生きしてほしいという気持ちと先の見えない介護への不安の間で揺れ動きながら親の介護に向き合う方のリアルな声を集めています。

2021年9月15日現在の65歳以上の高齢者人口は3,640万人、総人口に占める割合は29.1%。国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、第2次ベビーブーム期に生まれた世代が65歳以上となる2040年には、その割合は35.3%になると言われています。

家族の形、介護の形は、100人100通りです。前述の通り、2040年には65歳以上の高齢者人口が総人口の35.3%を占めると見込まれている現状。今後、介護も高齢者施設探しもますます増加、深刻化していくことが予測されるなか、介護カレンダーでは、サイトを訪れた方がご自分と似た家族の形、介護の形を見つけ、新しい介護の一歩を踏み出せる場所であることを目指してまいります。

▼「介護施設探しの体験談」記事を一部ご紹介
・「母の介護と育児-ダブルケアの日々」
“ダブルケア”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。厚生労働省によると「晩婚化・晩産化等を背景に,育児期にある者(世帯)が,親の介護も同時に担う」こととなっています。また、平成28年度の調査では日本国内で約25万人いるという報告もありました。
私がこの言葉を知ったのも、実際に自分自身がその立場になってから。子どもが小学校に入学した頃から、20分ほど離れた実家に住んでいる母親の介護が始まりました――
記事を読む▶https://kaigo-calendar.jp/post/3874/

・「笑顔で介護! 特養~自宅で看取るまで」
はじまりは仕事中の弟からの電話だった。
「姉貴! すぐにお母ちゃんに電話してくれ!」
「お母ちゃん、なんだかパニックになって騒いでるんだけど…
頭を割られるとか言ってて……」
「はあ?」「なにそれ?」
あわてて母に電話してもラチが開かず、急ぎ実家へ向かった。
話を聞いてみると、友達から勧められた物忘れ外来に行き、「次回、MRIを撮ります。頭の断面を撮影します」という医師の言葉を「頭を割って中を見る」と勘違い。怖くなって、仕事中の弟に電話をした、ということらしい。
どうしてそういう発想になる? なぜ物忘れ外来? 私の頭の中もグルグル――
記事を読む▶https://kaigo-calendar.jp/post/3737/

・「認知症の叔母と老人ホームと」
高齢化、少子化に加えて、生涯未婚率も伸び続けている日本。親だけでなく、未婚の伯父・叔父、伯母・叔母を介護する人は間違いなく増えています。
私の叔母も生涯独身。銀行員として定年まで勤め上げ、悠々自適に暮らしていました。「歳をとったら私の面倒を見てね」という元気な頃の叔母との約束から、老人ホーム入居時の保証人になった私。
老人ホームに入り亡くなるまでの10年。
認知症になり刻々と変化していく叔母のこと、細々なホームとのやりとり、命の選択など、本当にいろいろなことがありました。私のささやかな、でもしんどいこれらの経験が、少しでもどなたかのお役に立てればと、この連載を始めることにしました――
記事を読む▶https://kaigo-calendar.jp/post/2904/

<介護カレンダー:https://kaigo-calendar.jp
■主な掲載コンテンツ

介護施設探しの体験談:https://kaigo-calendar.jp/post/category/experience/
老人ホームの選び方:https://kaigo-calendar.jp/post/category/select/select-home/
介護コラム:https://kaigo-calendar.jp/post/category/column/


<運営会社「ベビーカレンダー」に関して>
社名: 株式会社ベビーカレンダー(https://corp.baby-calendar.jp
※2021年3月25日 東証マザーズ上場
本社所在地: 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-38-2
ミヤタビルディング10F
代表者: 代表取締役 安田啓司
設立年月日: 1991年4月
主要事業: メディア事業、産婦人科向け事業、webマーケティング事業



多くの医療専門家監修による、日本最大のPV数を誇る育児支援サイト「ベビーカレンダー」を運営。ベビーカレンダー以外にも、女性のライフスタイルにあわせた情報提供サイトを展開し、事業を拡大中。2021年に東証マザーズ上場。

<運営メディア一覧>
■ベビーカレンダー:医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報サイト
URL:https://baby-calendar.jp/
■ウーマンカレンダー:オトナ女子によるオトナ女子のためのアンチエイジングサイト
URL:https://woman-calendar.jp/
■介護カレンダー:高齢者向け介護施設検索サイト
URL:https://kaigo-calendar.jp/
■赤ちゃんの名づけ・名前ランキング:赤ちゃんの名前、よみのランキング検索サイト
URL:https://nazuke-nameranking.jp/
■ムーンカレンダー:女性の毎月をもっとラクにする生理サイト
URL:https://moon-calendar.jp/

<公式SNSからも最新情報更新中!>
Facebook:https://www.facebook.com/kaigocalendar
Twitter:https://twitter.com/kaigocalendar

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ベビーカレンダー 担当:漆畑
TEL:03-6631-3600 FAX:03-6631-3601
MAIL:info@baby-calendar.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)