食品・飲料 医療・医薬・福祉

健幸コラボ「私菓心(わがし)」第一弾を発売!

社会福祉法人 聖隷福祉事業団
巌邑堂 × 聖隷福祉事業団 保健事業部

150年以上に渡って心を豊かにする和菓子を作り続けてきた「厳邑堂(本社:静岡県浜松市、代表:内田弘守)」は、聖隷福祉事業団 保健事業部(本社:浜松市中区、理事長:青木善治)の管理栄養士とともに、「大切な方に、美味しくそして安心して召し上がっていただける和菓子をつくりたい」との想いから今回、浜松ウエルネス推進協議会の協力のもと、和菓子の新たな健幸コラボ「私菓心(わがし)」を発表、第一弾を3/28(月)より発売いたします。


書家 中澤希水さん揮毫「私菓心」
「私菓心」は「わがし」と読み、「私の心をお菓子にして届ける」ことをあらわしています。日本の伝統文化であり、四季や地域にあわせてその表現を細やかに変化させる和菓子は、遠くで離れて暮らしている親御様や、日ごろからお世話になっている大切な方に向けて、感謝やお礼の気持ちを表現するためのプレゼントとして最適です。

感謝の気持ちを伝えたい方のなかには、体重や生活習慣病が気になり大好きなお菓子を控えている方もいらっしゃいます。「私菓心」は、今年度「浜松ウエルネス大賞(市民健幸部門)」を受賞した聖隷福祉事業団 保健事業部の管理栄養士が監修を担当、素材の持つ美味しさはなるべく変えず、優しく糖質を減らすことでどの商品も80キロカロリー前後に設定しました。

「私菓心」を通じて心と身体を満たすお手伝いができれば・・・そんな想いで大切につくりました。
また、躍動感のある中にも贈る人の心の優しさが表現された題字は、浜松在住の書家であり「浜松やらまいか大使」でもある中澤希水さんが揮毫しています。


今回、発売を記念して「健幸コラボ 『私菓心』 第一弾 完成お披露目会」を下記日時にて開催いたします。


健幸コラボ 『私菓心』 第一弾 完成お披露目会

実施日時:2022年3月 24日(木) 16:45~17:05
場所:浜松市役所本館5階 秘書課 応接
概要:健幸コラボ『私菓心』第一弾 完成お披露目会
参加:鈴木 康友(浜松市長)
   中澤 希水(書家 浜松やらまいか大使)
   内田 弘守(巌邑堂 代表取締役)
   福田 崇典(社会福祉法人聖隷福祉事業団 理事 専務執行役員 保健事業部長)
上から右回りに、浜松産モリンガのどら焼き、浜松産青のりの大福(白小豆)、浜松産青のりの大福(粒あん)、マンナンおはぎ(春)



主なポイント


 1)糖質をおさえ、カロリーも80キロカロリー前後に設定
   「私菓心」はエネルギーをすべて80キロカロリー前後に抑えており、カロリーを気にされる方でも適度な間  
   食を楽しむことができます。小ぶりで上品なサイズの「私菓心」は、健康を意識されている方への手土産と
   してもお勧めです。

 2)春を感じる浜松産のこだわり食材を使用
    食材は浜名湖産の生青のりや浜松産のモリンガなどを使用、食材そのものの鮮やかな色を活かした「私菓
   心」から、さわやかに香る春の息吹をお楽しみください。



「私菓心」第一弾 ラインナップ

 1)浜松産青のりの大福(2種類)
   浜名湖産の新鮮な生の青のりを求肥に使用し、緑が鮮やかな2種類の大福をつくりました。
浜松産青のりの大福 粒あん

控えめな甘さの粒あんが青のりの風味をストレートに感じられる一品です。


浜松産青のりの大福 白小豆

白小豆を使用した白あんに白味噌を入れて上品な甘さを引き立てています。


 2)浜松産モリンガのどら焼き
浜松産モリンガのどら焼き

白あんの中に話題のスーパーフードであるモリンガを入れたことにより、抹茶に近いほのかな苦味があんこの甘味と相性抜群な一品となりました。


 3)マンナンおはぎ(春)
マンナンおはぎ(春)

こんにゃくマンナンの使用とサイズを抑えることにより、一般的なおはぎ(約180キロカロリー)と比べ、約1/3の64キロカロリーとなっています。



監修担当した聖隷福祉事業団 保健事業部 管理栄養士からのコメント


聖隷福祉事業団保健事業部 管理栄養士チーム
「歴史ある巖邑堂さんの味を損ねることがないように、人工甘味料を使用せずに健康的なお菓子をつくりたい」という思いから「私菓心」の監修を担当いたしました。見た目が美しく美味しい和菓子は、贈られる方と贈る方双方の心を豊かにすることができると考えています。健康を考えた美味しいお菓子を大切な方と一緒に味わいたい、「私菓心」はそんな大事な時間を過ごされる際に最適なお菓子です。あなたの大切な方に、健康を願う「私」の「心」を、このお菓子に乗せてお贈りくだされば幸いです。


巌邑堂代表取締役 内田弘守からのコメント



巌邑堂 代表取締役 内田弘守
和菓子は「心を潤すもの」としての役割があると考えています。今までは美しく、そして美味しいものを創ることを最優先に考えていましたが、聖隷の管理栄養士さんから糖質制限をされている方の現状や日々のカロリーを抑えたいために大好きなお菓子を我慢している方のお話を伺い、ほんのひと時でも優しい時間を過ごしていただく役割としてのお菓子も大切だという想いから開発を始めました。また、地元浜松への恩返しとコロナの影響を受けている浜松を少しでも元気にしたいとの思いから、できる限り地元食材を使おうと考え、今回はモリンガを栽培する川合敏孝さん(オキメモ)から様々なモリンガ製品を紹介いただき、足立研悟さん(大幸丸水産)からは海から上がったばかりの青のりをご提供いただくなど、地元生産者さんからもご協力いただくことが出来ました。私たちの想いが詰まった「私菓心」、心と身体に優しいスイーツとして喜んでいただけることを心より願っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)