必勝!医学部入試

医学部へ現役合格するために!
夏休みにやるべき五つのこと

 (5)生活リズムをキープ

 高校の通常授業があるときは、曜日ごとにスケジュールが決まっていますが、夏休みは日々のスケジュールが大きく変わることも多いでしょう。1学期を最後に部活を引退した人は、これまでと違って大幅に自由な時間が増えることで、だらだらと時間を無駄にしてしまい、気がつけば夏休みが終わっていたなんてこともあります。

大学入試の合格発表(イメージ)

 食事や睡眠時間、学習環境など体調にもかかわることは、家族に協力をお願いして受験勉強に専念できるようにしなければなりません。夏休みなどの長期休み中に、朝型が夜型の勉強スタイルに変わる人もいます。起床と就寝時間は、これまで通り変えないようにしなければなりません。

 ◇高3生は来春、必ず合格!

 現行の大学入試センター試験は、来年1月が最後の実施となります。高2生からは大学入学共通テストが開始されます。高3生と高2生が高校で学習する内容は同じであることから、もし、高3生が浪人をしても浪人生用の別問題は作成されません。ただし、センター試験と共通テストは、大きく出題方針が異なり、現在の高3生は不利になる可能性が考えられることから、浪人をしない方が良いと言われています。

 ですから、高3生は、浪人ができないと考えて、これまで以上に受験勉強に専念しなければなりません。現役合格するためには、この夏の頑張りが大きく影響することを十分に理解しておきましょう。(医系専門予備校メディカルラボ 山本雄三)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会