PR

アジア太平洋地域のIFMSA(国際医学生連盟)に所属する医療系学生が参加する国際会議APRM(Asia Pacific Regional Meeting) 7月12日、13日開催

 グローバルな視野を持つ医療人の育成と社会貢献活動を行っている国際組織IFMSA(国際医学生連盟)が、アジア太平洋地域の医療系学生が参加する国際会議APRM(Asia Pacific Regional Meeting)を7月14日~20日の1週間にわたってオンラインで開催する。  
 今年度は、日本支部であるIFMSA-Japanが7月12日、13日に開催されるコンテンツの一部である『APRM Rest Day』の運営に携わり、参加者を募集している。 

 APRM Rest Dayとは?

 アジア太平洋地域会議(Asia Pacific Regional Meeting、以下APRM)のコンテンツの一つ。『Pandemics in a Digital Era』をメインテーマに、コロナ禍のメンタルヘルス、デジタルデバイド(情報格差)などについて、アジア太平洋地域の医療系学生と共に考える。主な内容は下記の通り。


〇医学英語勉強会
講師 国際医療福祉大学 押味貴之氏

〇『パンデミックとメンタルヘルス、デジタル社会における社会格差と健康格差』をテーマに、IFMSA-Japanの卒業生でもある渡部明人氏(WHO UHC 2030事務局勤務)、馬場俊明氏(国立国際医療研究センター勤務、専門は国際精神保健分野)の2人の先生を迎え、基調講演およびイベントSessionを開催する。テーマについて参加者の理解を深め、APRM終了後も参加者1人ひとりが考えるきっかけとなる機会となることを目標としている。

〇『Pandemics in a Digital Era』に関するワークショップ
アジア太平洋地域の仲間と共に、コロナ禍のセルフケアについてディスカッションする。



〇Narita Session
実地開催ならば会場となるはずだった成田市、ならびに国際医療福祉大学の紹介を行う。

〇Cultural Night Party
オンラインでできるゲームや文化交流を行う。

◇スケジュール
2021年7月12日(月)18:30~23:30、13日(火)19:00~23:00

◇開催形態
オンライン(Zoom)

◇参加費
無料

◇申込期間
2021年5月22日(土)~6月28日(日)23:59


◇参加方法
参加申し込みにあたってはIFMSA-Japan個人会員登録が必要。登録認証までに時間を要するため、早めの登録をお願いします。


IFMSA-Japan個人会員登録、 APRM Rest Day(7月12日、13日)の参加申し込みフォームは以下のホームページより。
https://ifmsa.jp/events/event/aprm2021/

問い合わせ
APRM Rest Day運営委員会( aprm2021japan@gmail.com )


協賛:JNTO(日本政府観光局)
後援:日本医師会

【IFMSA-Japan公式SNS】
Facebook:https://www.facebook.com/ifmsajapan/
Instagram:https://www.instagram.com/ifmsajapan/
Twitter:https://twitter.com/IFMSAJapan

新着トピックス