PR

がんの治療と暮らしフェア
~がん治療を受ける人の「こころとからだ」を養う1カ月~ 「がん征圧月間」9月の毎週土曜日に、オンラインイベント<参加費無料>を開催

 ■コロナ禍の今、がん治療を受ける人は、いつも以上に不安を感じています

 がんと診断された当事者やご家族にとって、この一年半は、人とのコミュニケーションがとりづらく、不安や孤独感を募らせる状況が続いています。不安定な日常だからこそ、がんの専門家や仲間とのつながりが大切ではないでしょうか。

 コロナ禍でも安心してがんや治療と向き合うために、土曜日の午後のひとときを、ご自身の「こころとからだ」を養う時間にしていただけたら幸いです。(がんの治療と暮らしフェア実行委員長 山崎多賀子/NPO法人キャンサーリボンズ理事・がんサバイバー)

 ■9月4・11・18・25日の毎週土曜日、全20セッションをお届けします

 「がんになった時のこころについて」「納得して治療を選択するには」「からだを整えよう」「生活の知恵や工夫がいっぱい」「仕事やお金を考える」の五つのテーマで、プログラムを構成しています。(時間は毎土曜日13:00~16:15。詳細は別紙スケジュールをご参照ください。)

 キャンサーリボンズは「こころを整えることがすべてのケアにつながる」という視点に重きを置いて活動してまいりました。当イベントでは毎回最初のプロブラムに、こころの専門家(精神腫瘍医や臨床心理学・精神分析学の専門家)が登場し、がんや治療への向き合い方を語ります。

 ■web展示「暮らしお役立ちルーム」を、9月4日~12月末日、開設します

 がん治療時や治療後の生活に役立つグッズやアイデア、工夫を紹介するweb展示コーナーです。栄養、食事、スキンケア、口腔(こうくう)ケア、医療用ウィッグ、メーク、下着、ウエア、術後のケア、治療と仕事の両立などについて情報をお届けします。気軽にご視聴いただける動画もご紹介予定です。

 ■スペシャル企画 “つながろう 一緒に歌おう あなたが大切だから”

 山田邦子さんによるトークショーを開催します。

 コロナ禍だからこそ笑顔になる時間は大切。ご自宅や病室などおのおのの場所で、山田邦子さんのトークショーをお楽しみいただきます。山田さん作詞作曲によるキャンサーリボンズのシンボルソング『あなたが大切だから』を、画面越しで皆さんと合唱します。

 ■がん患者さんやご家族など、各日1000名様を無料ご招待 

 プログラム詳細と事前の参加申し込みは、ホームページ・QRコードから

当イベントはzoomウェビナーによる配信です。事前にホームページまたはQRコードから、お申し込みください。

 各日先着1000名様に、視聴URLを、申込時にいただいたメールアドレスにご送付します。
お問い合わせ先)ribbonz2021@ellesnet.co.jp 03-3546-6101

 ■お問い合わせ先

 NPO法人キャンサーリボンズ事務局:(ribbonz@ellesnet.co.jp、03-3546-6101)
※NPO法人キャンサーリボンズ(理事長: 中村清吾 昭和大学医学部乳腺外科教授)は、「がん治療と生活をつなぐ」をコンセプトに2008年に発足した患者支援団体。2019年まで、医療機関や学会などと協働し、リアルで「がんの治療と暮らしフェア」を開催してきた。さまざまなオリジナルコンテンツの開発も行う。

(了)

新着トピックス