PR

「新型コロナウイルスがあなたの生活に与えた影響」について英語でエッセーをかいてみませんか? ~MRIC Global &MRICエッセーコンテスト2021 英語エッセー募集のお知らせ~

 MRIC Global &MRIC エッセイコンテスト2021の募集が開始されました!MRIC Globalは、2017年12月より世界各国の医療者に向けて医療の一次情報を無料で発信する英語の医療メールマガジン【MRIC Global】の配信を始めました。これまでに、世界各国の医療従事者から医学生など幅広い層から、各国の医療制度の特異的なエピソードや、個人の経験、見解を綴った寄稿文が寄せられ、配信開始から現在にいたるまで合計264本の記事を配信しました。(MRIC Global 編集員 妹尾優希)

 これまでの取り組みをさらに促進するために、今回で第2回となるエッセイコンテストの開催いたします。テーマは、「新型コロナウイルスがあなたの生活に与えた影響、そして、今後の世界に与える影響」です。寄稿いただいたエッセイの中からMRIC Global編集部の審査を経て優秀賞を4作品選定します。優秀賞は今年11月に開催予定の現場からの医療改革推進協議会第16回席で発表する予定です。さまざまな方の募集をお待ちしております!

 <募集内詳細>

 エッセイテーマ: 新型コロナウイルスがあなたの生活に与えた影響、そして、今後の世界に与える影響/ The impact of COVID-19 pandemic in our lives

 エッセイテーマ概要/Theme Description:

 新型コロナウイルスは私たちの生活に甚大な影響を与えています。現在も世界中で流行の勢いは衰えず、多くの方々が感染し、また、命を落としています。身近で大事な方々に感染者が出た方もいることでしょう。現在、新型コロナウイルスに対してのワクチン接種は世界中で進んでいますが、フロントランナーであったアメリカにおいても接種のペースは衰えています。また、発展途上国においては十分にワクチンが行き届かないなど、格差の問題も影を落としています。このように、目標とされる集団免疫を獲得するには現状は程遠い状況であり、その隙をついて、デルタ型など新たなVariantも出現しています。結果として、先の見落としも立たず、現状では、新型コロナウイルス流行前の生活を取り戻すことは、極めて難しい状況が続いています。

 そのような背景の元、今回、MRIC Globalにおいては、2回目のエッセイコンテストを、新型コロナウイルスがあなたの生活に及ぼした影響をテーマとして開催します。新型コロナウイルスがあなたの生活に及ぼした影響、また、その中から、他の方々にぜひ伝えたいエピソードがあれば、それをエッセイにまとめて投稿してください。エッセイの評価ポイントとして、一般性や新規性(多くの方が感じているけれどもこれまで十分に議論されてこなかった)が重視される他、新型コロナウイルスの流行によって形作られつつある現在、そして将来の世界の姿を予見させるようなエッセイには高い評価が与えられます。

 The COVID-19 pandemic has and is still having a profound impact on our daily lives, work, education, and livelihood. The epidemic is on the rise worldwide. Approximately two hundred million people have been infected, and more than four million people have lost their lives. Globally, people entered 2021 with a fear of COVID-19; family members have been infected, and they have lost their loved ones to the disease. Mass vaccination against COVID-19 is now in full swing in many parts of the world. However, the pace of vaccination is currently declining, even in the United States, which was the early front-runner for COVID-19 vaccine trials and supply. The problem emerging from the disparity of COVID-19 vaccination among developing countries has also cast a shadow, especially in those countries where poverty is widespread. Thus, the current situation is far from the target of achieving herd immunity, and thousands of different virus variants circulating globally, including the delta variant, are starting to take advantage of this gap. As a result, it is still challenging to regain the life we had before the COVID-19 pandemic.

 Against the current backdrop of 2019–2021 pandemic, MRIC Global will hold its second essay contest on the theme of “the impact of the COVID-19 pandemic in our lives.” We would like to invite you to write an essay about the impact of the COVID-19 pandemic in your daily lives, work, education, livelihood, and whether it is positive or negative, any stories that you would like to share with others. Essays will be evaluated based on their generality and novelty (i.e., many people have felt but have not been shed light on). Furthermore, essays that foreshadow the current and future circumstances shaped by the COVID-19 pandemic will be given high marks.
We look forward to your submissions!

 投稿ガイドライン

 1) 論文は、英語では800〜2,000文字、日本語では2,000字以内とします。1ページ目の上部に氏名、タイトル、所属、論文タイトルを記載してください。書式(フォントスタイル、サイズ、行間など)については特に決まりはありません。ただし、エッセイはMS Word(DOC/DOCX)で提出してください。
*氏名、エッセイのタイトルは制限文字数に含まれません。

 2)応募作品は以下のメールアドレスに提出してください。info@mricg.info

 * 応募作品は、お1人様1作品とさせていただきます。

 3)投稿エッセイはオリジナルで、未発表のものに限ります。剽窃された作品は却下されます。

 4)1つのエッセイにつき、3人まで共著が認められます。

 5)応募作品の著作権は、主催者に帰属します。

 締め切り: 2021年11月14日(日)

 賞の内容:
 最優秀賞 賞状、賞金5万円
 優秀賞 賞状、賞品1万円(3作品が対象)
 特別賞 賞状

 *受賞者には賞状と賞品を2021年12月に郵送します。

 <編集チームの紹介>

 尾崎章彦: 福島県いわき市ときわ会常磐病院乳腺外科医師、医療ガバナンス研究所研究員
 小寺康弘: 英国ダービー大学
 カリム・モウトチョウ: モロッコ フェズ医科薬科大学卒医師
 妹尾優希:スロバキアコメニウス 大学医学部卒EU医師、医療ガバナンス研究所学生インターン、医師のキャリアパスを考える医学生の会代表(了)


新着トピックス