一流のレジリエンス~回復力~Dr.純子のメディカルサロン

朝ドラのヒロインは「何者かになりたい女子」
コラムニスト・矢部万紀子さん

 海原 組織に属していると上司にどう思われるか常に気になるかもしれないですね。その中で堂々とするには勇気が必要ですね。矢部さんが就職した当時はまだ働く女子が少ない時代ですよね。


 矢部 私は雇用機会均等法が施行される3年前、1983年に朝日新聞社に入社しました。国立大学の経済学部で学んでいましたが、就職部のようなところに行くと、ずらっと求人票が貼ってありました。すべてに「男子若干名」と書いてあり、その光景は今もありありと浮かびます。

 私は文章を書くことが好きでした。公務員には興味が湧きませんでした。なので男女を問わず試験に受かれば採用され、同じ条件で仕事ができるらしい新聞記者になりたいと思いました。ですが、記者職の場合、女子に受験資格がない会社もまだありました。


 海原 女子に受験資格がないというのは驚きです。


 矢部 マスコミもまだ「男子若干名」ワールドでしたが、幸いにも女子に門戸を開いていた新聞社の一つである朝日新聞に、記者として入ることができました。100人近くいた同期の記者の中で女子は6人でした。そういう環境で入社した結果でしょうか、私は「採用していただけただけでありがたい」という気持ちがずっとありました。

 だから実は私は、会社の中で「おかしいな」と思うこともストレートに「おかしい」と言うことはあまりせずに入社から数年を過ごしました。朝ドラに関連しての発言と違うとお感じになるかもしれませんが、幸いなことに活字メディアに活気があった時代に入社した結果、比較的自由な空気が社内にありました。

 そのため、「おかしいな」がたくさんあったわけでなく、少しずつ仕事ができるようになるにつれ、「嫌なことをさせられる前に、自分のしたいことを提案しよう」と考えるようになり、「提案力を上げれば、仕事の自由度が上がる」ことを実感し、そちらの方向で生き延びてきたように思います。

 88年に週刊誌「AERA」が創刊され、初代のメンバーになったことが大きかったです。新聞が記者クラブという「持ち場」を与えられ、他の新聞社と日々の競争をする仕事だったのに対し、総合週刊誌である「AERA」は、自分の興味があることを自分なりの切り口で提案し、採用されれば、取材をして記事にできました。88年はマガジンハウスが「Hanako」を創刊した年でもあり、業界全体に余力がたくさんあったのでしょう。AERA編集部で自分なりの切り口を見つけ、自分なりの記事を書く楽しさに目覚め、そのために努力せねばと思いました。

 なーんて、そんなにスイスイうまくいったわけでは、全然ないのですが。いずれにしろ世の中はバブル経済の真っただ中で、その恩恵を得て成長していったことは間違いないです。

新聞記者になって間もなくの頃

Dr.純子のメディカルサロン 一流のレジリエンス~回復力~


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会