話題

子どもの睡眠見直そう
家庭ごとのルールづくりを

 ▽できることから始める

 人間は起床後に体温が上がり活動を始めるが、夕食で取ったエネルギーは就寝中に使われてしまう。このため、体温上昇や活動に必要なエネルギーは朝食で補わねばならない。エネルギー源の確保が目的なので手のかからないものでもよい。

 また、何時に寝るか、ゲームは何時まで遊んでよいかなど、家庭ごとの状況に合わせたルールをつくるのも効果的だ。

 生活環境が多様化し、子どもを家庭内だけで育てるのは難しい。鈴木理事長は「親や兄弟、教師などとの『縦の関係』、友達との『横の関係』、地域との『斜めの関係』を築いて子どもが規則正しい生活を送れるよう社会全体で支えていくことが大切ではないでしょうか」と持論を語った。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会