治療・予防

異物誤飲で消化器に傷
魚好きは特に注意

 ▽ゆっくり表れる痛み

 膿瘍による主な症状は異物が刺さった場所の痛み、発熱、倦怠(けんたい)感などだ。膿瘍は1週間ほどで徐々にできていくので、症状はゆっくり表れる。そのため、肛門が座っていられないほど痛い原因が魚の骨や爪ようじであるとは思い至りづらい。痛みは一度生じると継続するのが特徴で、膿瘍が大きくなるにつれて増すという。

 異物の確認は、超音波検査やコンピューター断層撮影(CT)などで行う。治療では外科手術によって膿瘍を切除し、異物を取り除く。細菌感染を起こしやすいため、手術後2週間程度は入院して経過を観察する必要がある。

 魚好きの人は魚を食べる機会が多い分、リスクも高い。ただ、問診だけで異物の誤飲が痛みの原因だと特定するのは難しい。認知症の患者の場合は本人が食べたものを覚えていないこともある。高原外科部長は「認知症を持つ高齢者などに魚料理を出す際には、骨をきれいに取り除くなどの配慮をしてあげてほしい」とアドバイスしている。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

  • 1
  • 2

新着トピックス