腹の病気の症状と手当て

解説
 腹の病気は日常よくみかけます。食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸などの消化管の病気はもちろんのこと、肝臓、胆嚢(たんのう)、膵(すい)臓、腹膜などの病気も含まれ非常に広範囲で多彩です。
 また、腹の症状は、消化器以外の病気でも起こります。たとえば、泌尿器科、婦人科の病気のみならず、心臓や肺の病気でも腹の症状を示すことがあり、広範囲の病気を念頭に置かなければなりません。このように複雑ではありますが、腹のおもな症状から、おおよそ病気の見当をつけられるように述べます。
 腹の病気の症状は腹痛に下痢が伴っていたり、下痢と血便があったり、いろいろな症状が複数出る場合も多くあります。おもな症状からまず読み、それに伴った症状の項目も目を通してください。そして、その病気らしいと思ったら、それぞれの病気の項目をみるようにします。
 腹の病気は日常よくみられ、大半はようすをみていれば治るものですが、なかには手術など緊急の対応をしなければならないものや、検査をして悪性かどうかを調べなければならないものもあり、注意が必要です。
 症状がすぐ改善しない場合は、がまんしないで早めに病院に行き、医師の診察を受ける必要があります。
[腹の構造とはたらき]
便秘