治療・予防

50歳過ぎたらPSA検査 =早期発見で望める治癒―前立腺がん

 近年、前立腺がんの患者数が増加している。進行が遅く特徴的な症状が見られないことから、気付きにくいがんとして知られるが、最近では早期でも前立腺特異抗原(PSA)検査で見つかるようになってきた。大阪大学医学部付属病院(大阪府吹田市)泌尿器科の野々村祝夫教授は「定期的な受診で早期発見すれば、治癒を目指しやすくなります」と話す。

 ◇加齢による症状と類似

 前立腺は、精液の一部を作る男性だけの臓器。前立腺がんは、前立腺の細胞が無秩序に増殖するがん化で発生する。男性のがん患者全体で最も多い約17%を占め、死亡数は年間でおよそ1万2000人との報告がある。
 早期の前立腺がんは自覚症状に乏しいが、ある程度進行すると、尿が出にくい、残尿感がある、夜間にトイレに行く回数が増えるなどの症状が表れることがある。前立腺がんが気付かれにくいのは、これらの変化が加齢とともに増える前立腺肥大とよく似ているからだ。
 「年のせいにして受診が遅れることも少なくありません。進行すると、がん細胞がリンパ節や骨に転移し、血尿や腰痛などが生じることもあります」と野々村教授は解説する。

 ◇主流はロボット手術

 患者数が増えている背景には、前立腺がんが作り出すPSAという物質を、検査で早期に測定できるようになったこともあるという。そのため、治療も早期開始が可能になった。
 治療には、手術、放射線治療、ホルモン療法がある。「前立腺がんの手術は現在、はさみのような形状をした精密な鉗子(かんし)を持つ手術ロボットを遠隔操作して前立腺を切除する、ロボット支援腹腔(ふくくう)鏡下前立腺全摘除術が主流になっています。開腹手術に比べて患者の負担が少なく、入院期間も一般的には10日程度で済みます」
 放射線治療では体外から放射線を照射する外照射療法と、前立腺に刺し込んだ針を通して放射線の照射を行う内照射療法がある。施設により異なるが、外照射は通院治療で7週間、内照射の場合は3泊4日程度の入院が必要だという。
 ホルモン治療では、前立腺がんの進行を促進する男性ホルモンの分泌を抑える薬や、その働きをブロックする薬が、注射や飲み薬で投与される。
 「50歳を過ぎれば、一度はPSA検査を受けてほしい。発見が早期であれば治療の選択肢も多く、治癒も期待できるからです」と野々村教授は話している。
(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

新着ピックアップ