インタビュー

アレルギー、斎藤医師に聞く(下)=皮膚バリアーの強化で予防

 アレルギー症状で悩む人が増えているが、どう対処したらいいのだろうか。カギは肌の保湿。アトピー性皮膚炎などでも重視される最近の研究成果について、引き続き日本アレルギー学会理事長で国立成育医療研究センターの副研究所長、斎藤博久医師に聞いた。

 ◇バランス良い食事を

 ―食物アレルギーを予防するために、妊娠中や授乳中は何に気を付ければよいのでしょうか。
 斎藤 子供の食物アレルギーを予防するために、卵、牛乳などのアレルゲンになりやすい食べ物を制限するさまざまな方法が試みられましたが、予想通りの結果が得られたことは一度もありませんでした。
 2011年の日本小児アレルギー学会のガイドラインは「妊娠中、授乳中の母親がアレルギー食品を避けることは、予防策として勧められない」と明記されています。同年に厚生労働省の研究班が発表した栄養指導の手引も、食事制限によるアレルギー予防には十分な根拠がないとしています。
 離乳後の子供には偏った食事ではなく、さまざまな食品をバランス良く取らせることが大切です。もちろん、すでにアレルギーの症状がある場合は、アレルゲンを特定して避ける必要がありますので、医師の指導を受けてください。

新着ピックアップ