インタビュー

アレルギー、斎藤医師に聞く(上)=予防への誤解を解く

 花粉症、ぜんそく、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎―。日本では高度成長期以降、ライフスタイルの急激な変化に伴い、アレルギー症状で悩む人が増えている。身近な病気なのに、発症のメカニズムは複雑で実態の把握は難しい。少しずつ解明されているものの、一般に十分理解されているとは言いがたい。アレルギー患者急増の原因など、これまで分かったことについて、日本アレルギー学会理事長で国立成育医療研究センターの副研究所長、斎藤博久医師に聞いた。

 ◇陽性者が増加

 ―アレルギー症状の人は増えているのでしょうか。
 斎藤 1970年以前の日本では、ダニアレルギー反応を示す人は全人口の数パーセントでした。国立成育医療研究センターの研究チームが2003年、東京都在住の348人を対象に、ダニとスギのアレルギー反応の世代別調査を実施しました。その結果、50、60代では40%、30、40代では70%、20代では80%近くが陽性反応を示しました。
 全体でも50~60%の人がアレルギー体質ですが、高度成長期以降に幼少期を過ごした若い世代の陽性率が特に高い割合でした。
 英国の疫学者ストラカンが「乳幼児期の衛生環境によってアレルギー体質になるかどうか決定される」という「衛生仮説」を唱えましたが、発症には清潔過ぎる生活環境が大きく関わっていると考えられています。

新着ピックアップ