ヘルニア(脱腸)

解説
 ヘルニアとは、臓器がすきまを通り、正常な位置から一部が移動した状態をいいます。椎間板のヘルニアなどがありますが、ここでのヘルニアとは、腹壁などに異常なすきまがあって、そこから内臓が脱出した状態をいいます。多くは腹膜がふくろ状にくびれ出て、その中に内臓、特に腸が入り込むことが多いので脱腸といわれました。生まれつきこうした異常がある場合と、お産や手術のあと、高齢者になってやせたあとなどに起こる場合があります。
 ヘルニアの起こる場所は、鼠径(そけい)部(ももの付け根)の付近(鼠径ヘルニア、大腿〈だいたい〉ヘルニア)、へその部分(臍〈さい〉ヘルニア)、そのほかの腹壁正中部(白線ヘルニア)、骨盤(閉鎖孔ヘルニア)、横隔膜(裂孔〈れっこう〉ヘルニア)などがおもな部位で、もっともふつうにみられるのが、鼠径ヘルニアです。

鼠径ヘルニア〔そけいへるにあ〕

腹壁瘢痕ヘルニア〔ふくへきはんこんへるにあ〕

その他のヘルニア