膵内分泌腫瘍

解説
 膵臓(すいぞう)には、全体にわたってランゲルハンス島という内分泌細胞の島状の集団が存在します。ランゲルハンス島のなかの細胞が腫瘍化したものを内分泌腫瘍といいますが、この腫瘍がどのホルモンを産生するかで、症状や悪性の頻度が変わってきます。