脳器質性精神障害(認知症性疾患など)

解説
 脳組織の器質的な異常が原因で、精神のはたらきにいろいろな障害が出てくるものを、脳器質性精神障害といいます。認知症がおもな症状ですが、幻覚、妄想、興奮などの症状もよくみられます。
 わが国は、先進工業国のなかでも例をみないほどに高齢化のスピードが速く、それだけに認知症性疾患への取り組みが社会的な関心事になっています。この疾患は、大きく分けてアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症に分かれます。以前は、脳血管性認知症が多かったのですが、最近はアルツハイマー型認知症のほうが多くなってきています。

記憶障害〔きおくしょうがい〕

見当識の障害(失見当)〔けんとうしきのしょうがい(しつけんとう)〕

日常生活機能の低下〔にちじょうせいかつきのうのていか〕

精神症状、行動障害〔せいしんしょうじょう、こうどうしょうがい〕

アルツハイマー型認知症〔あるつはいまーがたにんちしょう〕

その他の認知症〔そのたのにんちしょう〕

脳血管性認知症〔のうけっかんせいにんちしょう〕

その他の脳器質性精神障害〔のうきしつせいせいしんしょうがい〕