回復体位の確保

 意識はなくとも呼吸がある場合や、心肺蘇生で反応が戻った場合は、傷病者に回復体位をとらせます。

 頭と身体を横向きにして、下になる腕を前に伸ばし、上になる腕を曲げて、手の甲に顔を乗せるようにします。上になる足のひざを90°ぐらいに曲げて、姿勢を安定させます。
 こうすることで舌下沈下を防ぎ、嘔吐(おうと)した場合でも誤嚥(ごえん:気管に食べ物などが入り込むこと)する危険性が少なくなります。ただし、長時間同じ姿勢をとることは、血管や神経に負担がかかるので避けましょう。

他の病気について調べる