関節内骨折、関節周囲の骨折〔かんせつないこっせつ、かんせつしゅういのこっせつ〕

 骨折が関節の内部にまで及んだものを関節内骨折と呼びます。
 関節の中では2つの骨がスムーズにすれあわなくてはなりません。関節の表面にわずかなずれが残っても関節面のすりあわせがわるくなり、のちに関節の痛みや動く範囲の制限が生じるおそれがあります。
 このため関節内骨折は、原則として手術をおこなって骨折したところをずれのないように整復したうえで、金属性のねじなどでしっかり固定する必要があります。
 関節内骨折や関節周辺の骨折では、手術をおこなっても骨折のあとで関節の動きの制限や痛みなどの障害が残ることが少なくありません。

(執筆・監修:東京大学大学院総合文化研究科 教授〔広域科学専攻生命環境科学系〕 福井 尚志)
医師を探す