治療・予防

進化するパーキンソン病治療
レム睡眠行動障害に手掛かり

 手足の震えや動作の鈍化、筋肉のこわばりなどの症状が起きるパーキンソン病の患者は、国内に約16万人いるといわれる。高齢化に伴い、今後さらに増加するとみられているが、国立精神・神経医療研究センター病院(東京都小平市)の村田美穂院長は「薬剤の進歩で症状はかなりコントロールできるようになってきています」と話す。

 ◇レム睡眠行動障害とは

 震えや歩きにくさ、バランスの取りづらさなどのパーキンソン病の症状は、脳の黒質にあるドーパミン細胞という神経細胞が障害を受けて起きる。発症した時点でドーパミン細胞はすでに6~7割に減少しているため、症状の進行を食い止めるには、早い段階で対応する必要があり、発症する恐れのある人をいかに探すかという研究が精力的に行われている。

 「その中で、レム睡眠行動障害(RBD)の患者は、パーキンソン病やその関連の病気を発症する確率が他の人よりも高いということが分かってきました」と村田院長。

 レム睡眠は、体は眠っているが、脳は活発に動いている浅い眠りの状態で、全身の筋肉の緊張が緩んでいて力が全く入らない、いわば金縛りの状態にある。RBDは、レム睡眠中の筋緊張を抑制する神経の働きが低下することで起こる。例えば、激しい寝言や叫び声を上げたり、殴ったり蹴ったり、たんすや柱にぶつかってけがをしたりするなど、夢の内容と一致した行動を取る。

 RBDの診断後10年で75%、14年で90%がパーキンソン病などを発症するという報告がある一方で、全く発症しない人もいる。近年、ドーパミン細胞の障害が始まっているかどうかは、「ドーパミントランスポータースペクト(DAT SPECT)」という画像検査によって分かるようになってきた。「これが、数年以内にパーキンソン病が発症するか否かを見極める大きな手だてになります」という。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ