歯の数の異常

 永久歯は第三大臼歯(だいきゅうし:親知らず。智歯〈ちし〉)を入れて上下合計で32本あります。

■過剰歯
 歯が余分にある場合です。上顎前歯、大臼歯の部分に多くみられ、きちんと生えている場合と骨に埋もれている場合(埋伏〈まいふく〉過剰歯)があります。上あごの前歯の部分にこのような過剰歯が埋もれていると歯並びが乱れることがあります(正中離開:いわゆるすきっ歯)。

■歯の数の不足
 第三大臼歯、小臼歯、側切歯(そくせつし)がない場合があります。咀嚼(そしゃく)や見た目に影響がなければ特に治療はしませんが、数本の歯が欠損している場合(部分性無歯症)などは、ない部分を補う治療をします(補綴〈ほてつ〉治療)。
医師を探す