二酸化硫黄〔にさんかいおう〕

 かつては四日市や川崎などで、大気汚染による健康障害の主要な原因物質でしたが、いまは脱硫技術が進み、一般環境濃度は大幅に改善しています。しかし、製錬所などでは作業者は非常に高濃度の二酸化硫黄にさらされます。強い刺激性があり、気道がけいれんしてぜんそく様の症状をひき起こします。二酸化硫黄はぜんそくなどの基礎疾患のある人では、かなり低濃度でも重積発作から命にかかわることがあり、火山地帯などでは注意が必要です。

(執筆・監修:帝京大学大学院 客員教授〔公衆衛生学研究科〕 矢野 栄二)
医師を探す