教えて!けいゆう先生

研修医になったばかりのあなたへ
10年目の医師が伝えたいこと

 今春もまた、医学部を卒業した大勢の皆さんが、臨床研修医として臨床の現場で活躍を始めます。私たち医師は、医師国家試験に合格して医師免許を取得すると、医師臨床研修制度にのっとって、卒後2年間、各診療科を一定期間ごとにローテートする決まりがあります。専門分野に特化した医師としての診療を始める前に、幅広い臨床知識と技術を習得することが目的です。研修中とはいえ、彼らは一定のトレーニングを積んだ、医師免許を持つれっきとした医師です。しかし、患者さんの立場からすれば、研修医と接する際、少なからず不安を覚える方もいるのではないかと思います。

 そこで、今春、医師として10年目を迎える筆者から、研修医の皆さんに向けたアドバイスを書いてみたいと思います。私自身、指導者と呼ばれるにはまだ年数が浅いとは思いますが、先輩がどのような指導をしているかを知っていただくことも大切ですので、この場をお借りしたいと思います。

困ったら迷わず指導医を呼ぼう

 ◇人の生死に関わる現場

 新研修医の皆さんは、国家試験に合格するため、これまで医学のあらゆる領域を必死で勉強し、膨大な量の知識を身につけてきたと思います。「この知識を現場でついに生かすことができる」。そう期待しているかもしれません。

 しかし、臨床経験が浅い頃に目指すべきなのは、「自分の実力を遺憾なく発揮すること」ではありません。「患者さんの安全を守ること」です。研修医とはいえ、現場では一人の医師として患者さんを担当します。経験不足による自らの判断ミスが、患者さんの不利益につながるリスクは常にあります。

 人の生死に関わる現場で求められるのは、きめ細やかなリスクマネジメントです。自分の限界を常に認識し、「困ったら迷わず指導医を呼ぶ」ということを徹底してほしいと思います。

 指導医が目の前で問題を解決する姿を見て、現場経験を積んで初めて、これまで蓄えた知識を生かすことができるでしょう。最初は自力で何もできなくて当たり前です。患者さんも、相手がビギナーであるということは簡単に見抜いています。背伸びをせず、慌てず落ち着いて、石橋をたたいて渡るように「安全第一」を心がけてください。

  • 1
  • 2
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会