ハヤミミDr.純子のメディカルサロン

第32回 敏感過ぎるあなた
~繊細な自分に悩んでいませんか~

 この数年、「自分は過敏だから生きにくい」という悩みを聞くことが多くなりました。特に企業にお勤めの方で、上司や同僚の言葉がずっと気になってしまったり、人の表情の変化で自分が悪く思われているのではないかと気になったりしてしまうという悩みです。

 同僚の医師の話を聞くと、やはり、そうした訴えの方たちが最近、多いということでした。過敏な気質を見分けるチェックリストをインターネットで検索し、「自分はこれに当てはまるから生きにくいのだ」という人もいます。

混雑する通勤電車


 ◇敏感な人が生きにくい現代

 現代は敏感だと生きにくいことは確かです。繊細で、人の表情のわずかな変化を察知する敏感さや、つらい思いをしている人への共感性に富む性格傾向などは、現代社会では傷つきやすいことは確かです。

 混雑した通勤電車は騒音にあふれ、自分の自由に動けるスペースはなくなりますし、社内でのパワハラ寸前の言葉は、相手の想像を超えて、心に突き刺さるものです。

 ただ、気を付けなければならないのは、敏感さを病気として捉えてはならないということです。

 もちろん、過敏や敏感が何らかの疾患により起こることはあります。例えば、適応障害でうつ状態になっている場合や、うつ病の場合などです。

 背景に、そうした疾患がある場合は、疾患の治療をしていくと、過敏状態は改善しますし、疾患による過敏は治療を受ける必要があるでしょう。

 ◇「敏感」は病気ではない

 しかし、その人の持つ特性として、敏感さや繊細さがある場合は、病気ではないので、それに気が付いた上で、自分の居場所をつくる方法を考えていかないと、ストレスがたまってしまいます。

 こうした方は、自分が受けた言葉だけでなく、人がつらい思いをしている事でも傷つくことがあるからです。

 30代の女性の例ですが、同じチームの上司が仕事のクライアントに、ひどい言葉を浴びせられるのを一緒に聞いていて、自分が言われているかのような思いに陥り、調子が悪くなってしまったといいます。

 共感性があるために、自分が疲れてしまうことがあるのです。といっても、敏感に感じる人が鈍感になることはできませんし、感じないように感情を抑圧するのも良くはありません。

 では、敏感さを持ちつつ、どのように居場所を見つければいいのかを考えていきましょう。


  • 1
  • 2

Dr.純子のメディカルサロン ハヤミミ


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会