話題

すぐそばにある危険
ギャンブル、ネットゲーム依存症

 今、ギャンブルやインターネットゲームの依存症が大きな問題になっている。さまざまな依存症の治療に取り組む国立病院機構久里浜医療センターが1月中旬、横浜市内でフォーラムを主催。ギャンブルやネット依存から立ち直った体験者の報告からは、ストレスや日常の退屈さをきっかけに誰でも依存症に陥る恐れがあるという実態が浮かび上がった。

パチンコは実質的なギャンブル

 ◇自分を大きく見せたい

 トミーさん(仮名)は、小学3年生の時から月に2回、家に親戚が集まり、マージャンをしていた。トミーさんも加わり、そこからギャンブル歴が始まる。さらに、小学生の時にゲームセンターのコインゲームにはまった。「コインをたくさん集め、友達の『すごいよ』という言葉を浴びたかったから」。高校に入ると、学力が高い生徒が多く、パチンコ店に通った。放課後に学校に行き、景品の菓子を友人たちに分けると「すごいね」と言ってくれた。「自尊心が満たされた」と言う。

 浪人時代はパチンコスロットにはまった。カードローンで100万円の借金をつくり、母親に泣きついた。しかし、またギャンブルに戻ると、1度返済しているので借りることができる額は拡大した。「自分自身の価値が上がったと勘違いした」

 ◇嫌なことがあるとギャンブル

 会社員となり結婚し、子どもをもうけたが、ギャンブル癖は直らなかった。「立て替えてください。もう2度としません」。何度も母親を頼った。ギャンブルにはまることは良くないという意識はある。しかし、嫌なことがあると、それを言い訳にしてギャンブルに走った。「結婚して小遣いが減ったから。上司のせいでストレスがたまる。後輩のおかげでイライラする…」。自己正当化する理由は幾つもあった。妻には「残業で遅くなるから」「きょうは休日出勤をしなければならない」とうそをつき、ギャンブルを続けた。

 多重債務者となり、家族に告白する日が来た。中学2年生の息子にこう言った。

 「車も取り上げられるかもしれない。俺は頑張るよ。ギャンブルをやめられると思うか」

 息子は泣きながら言った。「お父さんはやめられないと思うよ」

 立ち直るために、トミーさんは病院、施設、自助グループの中から自助グループを選んだ。「家族にもうそをついてきたが、ここでは正直に話すことで心の重荷が取れた」。週に数回、仕事の後で自助グループの会合に通い、ほぼ3年になる。それでギャンブル依存症を完全に克服することができるのか。「5年、10年とやめていても、1回ギャンブルをしてしまうと依存症は再発する。そんなグループ内の仲間を何人も見てきた」

  • 1
  • 2

新着トピックス