ASO・ASK (溶血性連鎖球菌の抗体)

■溶血性連鎖球菌の感染
 溶血性連鎖球菌(溶連菌)は咽頭炎、猩紅熱(しょうこうねつ)の原因菌で、リウマチ熱や急性糸球体腎炎をひき起こします。
 溶連菌に感染すると、防御反応として血液中に抗ストレプトリジン-O(ASO)や抗ストレプトキナーゼ(ASK)という抗体ができます。このため、血清中のASOやASKの量を調べることで溶連菌に感染しているかどうかがわかります。

■基準値
◇ASO:240U/mL以下(成人)
◇ASK:2560倍未満(成人)