頭の変形〔あたまのへんけい〕

 ヒトの頭蓋骨(とうがいこつ)は、多くの骨が複雑に組み合わさってできています。生まれたときには、骨と骨の間にすきまが開いています(大泉門など)。成長に伴って頭蓋骨は成長し、20歳ころに完全にくっつきます。1歳までの新生児は頭蓋骨がグラグラですので、いわゆる「絶壁頭」などの変形がみられることもあります。

【治療】
 頭蓋骨早期癒合(ゆごう)症や水頭症(すいとうしょう)などの病気がない場合、治療の必要はありません。外見の改善を希望される場合、一部の施設では、医療用ヘルメットによる治療をおこなうことがあります。