胃粘膜下腫瘍

解説
 胃がんは粘膜から発生し、進行するにつれてしだいに胃壁の深層にひろがっていきますが、胃の粘膜以外から発生した腫瘍を総称して胃粘膜下腫瘍といいます。したがって、これを内視鏡で観察すると、粘膜の病変ではなく粘膜が下から押し上げられたような盛り上がりを示し、粘膜はいっけん正常に見えます。
 胃粘膜下腫瘍の代表格は筋肉から発生した「GIST」と、リンパ組織から発生した「胃悪性リンパ腫」です。胃粘膜下腫瘍はその表面に正常な胃粘膜をかぶっていますので、内視鏡で組織を採取しようとしてもほとんどの場合正常粘膜だけが採取され、病理学的診断のつかないことも経験されます。X線検査では辺縁がなだらかな隆起として描出され、その表面には胃の粘膜ひだなど正常な粘膜が観察されます。

GIST〔じすと〕

胃悪性リンパ腫〔いあくせいりんぱしゅ〕