耳の先天性疾患

解説
 形成外科で治療する耳の疾患は、顔の外に出ている耳介(じかい)の変形です。一般的に、小耳症(しょうじしょう)以外の疾患では聴力障害はありません。

(執筆・監修:埼玉医科大学 教授〔形成外科・美容外科〕 時岡 一幸)