足の悩み、一挙解決

第19回 数分の処置で20年来の足の痛みから解放
~長い回り道の末に~ 足のクリニック表参道院長 桑原靖

 ◇いよいよ治療開始

写真3

 治療中も治療後も痛みはないことを説明すると、「長年の痛みから解放されるなら」と同意の上、治療に取り掛かりました。

 治療用の椅子に腰かけてもらい、親指の根元に近い部分から注射をして、親指へいく神経に麻酔をします。指の先端に直接、針を刺すと、とても痛いので、このような麻酔法を行います。

 針を刺す部分には、冷却スプレーをかけて一瞬表面の感覚を奪うため、針を刺される痛みもありません(写真3)。


 ◇麻酔して爪を取る

 数分で麻酔が完全に効いたのを確認し、まず浮いた爪をニッパーで切り取ります(写真4)。

 爪はすでに浮いた状態なので、無理に剥がす必要もなく、出血もありません(写真の出血は麻酔注射の針穴からのものです)。

 残った部分を、根元ぎりぎりのところまで、爪専用のグラインダーで丁寧に削っていきます(写真5)。

写真4                                写真5


 ◇出血も痛みもなく

 麻酔をかけるまで恐怖で顔を覆っていたAさんが、「本当に全然痛くないんですね」と落ち着きを取り戻してきました。

 爪がなくなった状態です(写真6)。完全にではなく、皮膚とくっついている部分(爪が生える場所の半分くらい)だけを残し、可能な限り薄く処置しています。

 両端に食い込んでいたところもなくなり、すっきりしました。1時間後に麻酔が切れることを説明して、治療を終えました。

写真6

 その日の入浴も可能で、運動制限も何もありません。爪の生えていないところの肉が盛り上がってしまうと、爪が伸びる邪魔になるので、肉の部分をテープで抑えるよう指導しました。


 ◇ついに悩みから解放

 治療がうまくいけば、半年から1年程度で薄い、きれいな爪が先端まで到達する見込みです。Aさんは、そのままストッキングとパンプスを履いて帰宅しました。

 その後、Aさんの話では、家に着く頃に麻酔が切れましたが、痛みも何も感じることはなかったということです。

 そして、爪が食い込む痛みから20年ぶりに解放された、と大変喜ばれました。

 このように、足の痛みでつらい思いをしてきた患者さんに喜んでもらえるとき、クリニックを開業して本当に良かったなと、いつも思います。

(文・構成 ジャーナリスト・中山あゆみ)

  • 1
  • 2

足の悩み、一挙解決

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会