医学の窓辺

日本腎臓病協会はアストラゼネカ社と腎臓病の克服に向けた取り組みのための連携・協力に関する包括連携協定を締結しました 横浜市立大学

 NPO法人日本腎臓病協会(JKA)(日本腎臓病協会 理事長・川崎医科大学 副学長/腎臓・高血圧内科学教授 柏原直樹 先生)とアストラゼネカ株式会社(代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム氏、以下、アストラゼネカ社)は、2022 年 3 月 10 日の世界腎臓デーにおいて、腎臓病の克服に向けた取り組みのための連携・協力に関する「包括連携協定」を締結しました。本協定は日本腎臓病協会とアストラゼネカ社が、相互に連携し、腎臓病の克服に向けた取り組みを通じて、国民の健康増進に寄与することを目的としています。 今回の包括連携協定の締結式には、日本腎臓病協会(JKA)からは、柏原理事長の他、埼玉医科大学腎臓内科学 岡田浩一教授、東京大学腎臓・内分泌内科学 南学正臣教授、香川大学薬理学 西山 成教授、久留米大学腎臓内科学 深水 圭教授、横浜市立大学循環器・腎臓・高血圧内科学 田村功一教授が参加いたしました(写真:包括連携協定の締結式の様子を撮影)。

 日本腎臓病協会プレスリリース

 NPO法人日本腎臓病協会(JKA)について:
 日本腎臓病協会は、医療者、市民、関連企業、行政等が連携し腎臓病を克服するために、立ち上げた組織です。腎臓病の普及啓発、診療連携体制の構築、腎臓病療養指導士制度の運営、患者会との連携、アカデミアと関連企業・行政等が連携するプラットフォームである「Kidney Research Initiative-Japan KRI-J 」の運営などの事業を積極的に展開しています。腎臓分野において、日本全国どこにいても、良質な医療の恩恵を享受できる環境の実現に尽力しています。日本腎臓病協会についてはhttps://j-ka.or.jp/をご覧ください。(了)


医学の窓辺