治療・予防

「子宮移植」という選択肢 =日本でも近い将来実現?

 2014年10月、世界初の「移植された子宮での妊娠、出産」がスウェーデンで成功した。日本でも09年に「子宮移植プロジェクトチーム」が発足し、研究が進められている。同チームメンバーで、慶応大学医学部(東京都新宿区)産婦人科学教室の木須伊織特任助教に子宮移植の現状について聞いた。

 ◇目的は妊娠、出産

 子宮移植は、提供者(ドナー)から子宮を移植された受容者(レシピエント)の妊娠、出産を目指す。移植後、1年以上かけて免疫抑制剤を減量していき、凍結保存した受精卵を子宮に戻す。妊娠したら、厳重な管理の下、帝王切開で出産というのが一連の流れだ。

 「子宮は命に関わる臓器ではないので、ひどい拒絶反応が起きたら速やかに摘出します。移植の目的はあくまで妊娠、出産することなので、出産後は摘出してしまいます」

 スウェーデンでは、15年に及ぶ基礎研究を経て、計9例の子宮移植が行われている。うち2例は子宮内感染と血管内血栓を繰り返し、子宮が摘出されたが、7例は妊娠に成功。うち5例は出産済みで、17年2月時点で2例は妊娠継続中だ。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ