一流のレジリエンス~回復力~Dr.純子のメディカルサロン

朝ドラのヒロインは「何者かになりたい女子」
コラムニスト・矢部万紀子さん

 「朝ドラには働く女子の本音が詰まってる」(ちくま新書)の著者、矢部万紀子さんは元朝日新聞記者です。「AERA」創刊に携わり、「週刊朝日」で担当した松本人志さんの「遺書」はミリオンセラーを記録しました。シニア雑誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長の時代には、外部の意見を取り入れるための会議を設置。そのメンバーだった私や、脚本家の内館牧子さん、エッセイストの山本ふみこさんによる議論は毎回、「働く女子の本音委員会」といった趣でした。

 現在はコラムニストとして活躍する矢部さんに、「働く女子のレジリエンス」をテーマにお話を伺いました。


 海原 組織に属しつつ成功を収める(ご本人がそう感じているかどうかは分かりませんが)までの困難、そしてあえて組織を飛び出す決断をするに至った経緯をお聞かせください。


 矢部 拙著「朝ドラには働く女子の本音が詰まってる」(ちくま新書)を読んだ友人から、「相当、会社が不満だったんだね」と言われました。

 NHKの連続テレビ小説、通称「朝ドラ」を視聴者目線で書いた本ですが、ヒロインを「何者かになりたい女子」と捉え、対峙(たいじ)するものを「おっさんがルールを決めている社会」と位置付けて論じました。おっさん社会の典型が「会社」というものですから、自ずとそれへの批判が浮かび上がってくる本になっているのだと思います。

 熱心に朝ドラを見るようになったのは、この10年ほどです。私が、会社にいることの息苦しさを強く感じるようになった時期と重なっています。私と勤めていた会社との関係が変わったという面もあります。管理職度が上がり、「好きなことをする」では済まなくなりました。でもそれだけではないと、本を書きながら思いました。

 「一億総活躍」と言われ、「多様な働き方」が推奨されています。そういうことが自由さにつながらず、むしろ窮屈度が上がったのがこの10年ほどではなかったかと思うのです。上がった窮屈度を言葉にするなら、「効率よく結果を出せ」ではないでしょうか。そして「勝ち組」と「負け組」がいるのが当たり前で、その結果については「自己責任だからしょうがないよね」という世の中になりました。そんな空気が社会を覆い、私の勤めていた会社にも影響を与え、なんとも言えない「違和感」が私の中でも強くなりました。

 結果として朝日新聞を辞めて転職をし、移った会社も辞め、会社員人生に終止符を打つことになりました。その過程で私の「朝ドラ好き」に拍車が掛かったと思います。社会の変化を背景に、会社員をしていたからこそ得た視点で、朝ドラを書きました。

矢部万紀子さん

Dr.純子のメディカルサロン 「一流のレジリエンス~回復力~」記事一覧