「医」の最前線

  • 第2回以降の記事は会員限定です(無料)。ログインすると続きをお読みいただけます。

  • 2019/05/03 09:54

    〔第2回〕「小児科がなくなる」
    崖っぷちの病院経営

     人工知能(AI)を導入して書類業務を軽減して患者に直接接する時間を増やし、職員の働き方改革にもつなげる―。横須賀共済病院は、最先端技術の開発で一躍脚光を浴びることになったが、ほんの数年前までは明るい未来を描けるような状況ではな…

    〔第2回〕「小児科がなくなる」
崖っぷちの病院経営
  • 2019/05/10 11:00

    〔第3回〕救急車を全応需
    持続的に発展できる病院に

     人工知能(AI)の開発による働き方改革に着手した横須賀共済病院は一時期、救急車全応需の方針がなし崩しにされ、急患の依頼がきても待たせたあげく一部断っていた。2014年に長堀薫氏が院長に就任してからは、地域住民が困ることがないよ…

    〔第3回〕救急車を全応需
持続的に発展できる病院に
  • 2019/05/17 11:00

    〔第4回〕病院完結から地域完結へ
    役割分担して治療

     人工知能(AI)による働き方改革を進めている横須賀共済病院の長堀薫院長は院長就任直後、救急車を断らず、急患をすべて受け入れる方針を徹底することにした。それを可能にするためには、1人の患者の治療を一つの病院で完結するのではなく、…

    〔第4回〕病院完結から地域完結へ
役割分担して治療
  • 2019/05/24 11:11

    〔第5回〕リーダーの在り方
    職員が自立して働く組織へ

     人工知能(AI)の導入で注目を集めている横須賀共済病院はかつて、急患の依頼がきても待たせたあげく断るなど、温かみに欠ける対応で地元の評判が悪化した時期がある。1年半ぶりに横須賀共済病院に戻った長堀薫院長は、自身が不在の間に病院…

    〔第5回〕リーダーの在り方
職員が自立して働く組織へ
  • 2019/05/31 11:00

    〔最終回〕学生時代の苦い経験
    リーダーシップの方法を見直す

     急患の依頼がきても待たせたあげく断る。患者は診てやるという偉ぶった態度。地元でも評判の悪かった横須賀共済病院は今、人工知能(AI)の導入による働き方改革で全国的な注目を集めている。すべての救急車を受け入れ、患者数が増えれば、職…

    〔最終回〕学生時代の苦い経験
リーダーシップの方法を見直す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会