止血の方法

 手や腕の出血では、その部位を圧迫し、心臓より高く上げることで出血が少なくなります。直接と間接の止血法があります。

□直接圧迫止血法(圧迫止血法)
 出血部に当てたガーゼや布の上から、数分間、手や絆創膏(ばんそうこう)でしっかり押さえたり、包帯をすこし強めに巻くなどして直接圧迫する確実で簡単な止血法です。


□間接圧迫止血法(間接止血法)
 出血している傷より体幹(たいかん)側をひもや布でしばる方法で、医療機関でおこなわれます。市民による応急手当てではおすすめできません。