眼球の鈍傷〔がんきゅうのどんしょう〕

 鈍器や物による眼球打撲により眼球内にいろいろな障害を起こします。
 前方より鈍的外傷(机の角、野球、テニスやゴルフのボール、眼球を殴られるなど)を受けると、虹彩が強くうしろへ移動し、毛様体との間や毛様体と角強膜の間で引き裂かれて、隅角(ぐうかく)離断や虹彩離断を起こします。前眼房に出血して視力低下が起こります。長期にわたり低眼圧となり、網膜、乳頭に浮腫(むくみ)やしわ形成が起こり、視力低下をきたすことがあります。眼球の鈍的外傷により硝子体(しょうしたい)出血、脈絡(みゃくらく)膜破裂や眼球破裂を起こすといちじるしい視力低下をきたします。

[治療]
 軽症の場合は、消炎薬の点眼をして経過を観察するだけで、ほとんどの例で視力が回復しますが、重症の場合には、視力低下をきたすことがあります。また、視力が回復しても、数カ月~数年後に外傷性白内障や続発性緑内障などの病気が出てくることもあります。
 状況に応じて、点眼やのみ薬などの薬物治療や手術による治療が必要になることがあります。
医師を探す