根岸一乃 医師 (ねぎしかずの)

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

  • 眼科
  • 教授

眼科

専門

眼科全般、白内障、眼内レンズ、屈折矯正手術、水晶体疾患

根岸一乃

根岸一乃医師は、慶應義塾大学病院で白内障と屈折矯正に対する専門外来の責任医師を務めている。また、白内障手術や、レーシック・有水晶体眼内レンズなどの近視矯正手術を年間約900件手がけるなど、臨床の第一線で活躍。また、眼光学の研究にも携わっており、眼科治療におけるQuality of Vision (視覚の質)の向上を目標に掲げている。白内障の診療においては、多焦点(遠近両用)眼内レンズ、乱視矯正眼内レンズなどの高機能眼内レンズも使用。患者のライフスタイルを考慮した治療を心掛けている。

診療を受けるには

要紹介状。完全予約制(予約方法は病院HP参照)。根岸医師の診察は、水曜の午前(屈折矯正手術)、水曜の午後、木曜の午前(白内障・水晶体疾患)

医師プロフィール

1988年3月 慶應義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学医学部眼科学教室
1995年1月 国立埼玉病院眼科、医長
1998年4月 東京電力病院眼科科長
1999年4月 慶應義塾大学眼科講師(兼任)
2001年5月 慶應義塾大学眼科専任講師
2007年4月 慶應義塾大学眼科准教授
2017年6月 慶應義塾大学眼科教授

所属学会

医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医、日本眼光学学会常任理事 、日本白内障屈折矯正手術学会理事、日本眼科手術学会、アメリカ眼科学会、アメリカ白内障眼内レンズ屈折手術学会、ヨーロッパ白内障眼内レンズ屈折手術学会

主な著書

『レーシック治療のウソ、ホント』(2005年メディカルサロン) 
(更新日:2017年6月21日)